80年代ポップスターのキム・ワイルド、裏庭でUFOに遭遇!?

80年代ポップスターのキム・ワイルド
  • 80年代ポップスターのキム・ワイルド

ザ・スプリームスの名曲をカバーした「キープ・ミー・ハンギン・オン」などのヒット曲で知られる、ポップシンガーのキム・ワイルド(57)。第2子妊娠中にガーデニングに目覚め、プロのガーデナーとしても活躍している。そんなキムが突如「裏庭でUFOに遭遇した」と発言し、物議をかもしている。

アティテュード・マガジンのインタビューに応じたキムは、2009年に起こった奇妙な出来事について語った。「雲の上に2つの巨大な光が見えたの。前に行ったり後ろに行ったり、異常な動き方だったわ。かなり多くの人が目撃していて、地元の新聞でも報道されたのよ」「私は夫に『UFOのキャプテンはキム・ワイルドの大ファンで、私がどこに住んでいるのかを知りたかったのかもしれないわ!』って言ったわ」と語った。

「ビーム光線でUFOに連れ去られて、宇宙人のために『キッズ・イン・アメリカ』(1981年にリリースされたキムのデビュー曲)を一生歌い続けなきゃならないのかも?と不安になったわよ。宇宙人が戻ってきて、私を連れていくんじゃないかって、心配だったわ!」

「異常な光景や地球外生物かもしれない物なんか見ちゃったら、見る前と同じではいられなくなるのよ。宇宙人はもう既にここに来ていて、私たちのことを見張ってると思うわ。頭がおかしくなったわけじゃないわよ!だけど、このことを考え出すと止まらないのよね…」これらの発言が注目を集め、一般のネットユーザー達からは「キムはドラッグでもやっているのではないか?」というコメントが続出。疑惑の目で見られてしまっているようだ。

来月発売するニュー・アルバムのタイトルは「ヒア・カム・ジ・エイリアン」で、キムのマイブームを確実に反映している。8年ぶりにリリースされるこのアルバムには、「サイバーネーション戦争」「(太陽の)至点」など、SFの世界を想起させるタイトルの曲も収録されている。キムはこのアルバムを引っさげ、3月30日よりヨーロッパツアーを開始すると報じられている。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報