合法?違法?マイケル・ジャクソン長女パリス、マリファナ使用で物議

マイケル・ジャクソンの長女、パリス
  • マイケル・ジャクソンの長女、パリス

マイケル・ジャクソンの長女パリス(19)が、マリファナを購入しているところを目撃されて物議を醸している。7日、パリスはマリファナを扱っている薬局に立ち寄り、紙袋を手にして出てきたところをパパラッチされた。

数年前からヒッピー的なライフスタイルにどっぷり浸かっているパリスは、パパラッチされた時も自由人らしいいで立ちだった。ざっくりしたメッシュ素材のムラ染めセーターを片側だけ肩を出して着用し、下にはカラフルな絞り染めのパンツを履いていた。パンツは下着と見間違えるほどの小ささで、お尻がはみ出てしまっている。バッグやアクセサリーなどの小物もエスニック系で統一していて、全身ヒッピーテイスト満載のスタイルだ。

パリスの住むカリフォルニア州では、マリファナは医療用としてだけでなく、嗜好品としての売買も合法とされている。しかし、デイリー・メール紙のコメント欄は、「パリスはまだ19歳でしょ?カリフォルニアで嗜好用のマリファナを買えるのは、21歳からだよ」「以前は18歳で医療用の証明カードが申請できたから、パリスはそれを使ってるんじゃないの?」「父親のマイケルと同じで、不正な主治医が付いてるんだよ」「マリファナでリラックスする必要があるんじゃない?」など、喧々諤々。

また、スカーフを道に引きずっていたり、靴紐がほどけたままで歩いていたりするパリスの様子に、「いつも汚らしい格好で、何だかかわいそうになる」「だらしなくて不潔に見える」といったコメントも非常に多い。その一方で、「やりたい事がわからなくて、自分を見失ってるみたい」「学校に通うとか、チャリティ活動に精を出すとかした方がいいのでは?」と、まだ幼さが残るパリスを案じる声も。マリファナを使わざるを得ないほどの不安やストレスを抱えているのでは…とも思われるため、今後の彼女の動向を見守りたい。

キーワード

[PR] おすすめ情報