ペネロペ・クルス、大胆スリットから覗く美脚が絶賛!

43歳のいまも輝き続けるペネロペ
  • 43歳のいまも輝き続けるペネロペ

ペネロペ・クルス(43)が夫のハビエル・バルデムと、スペインのアカデミー賞と言われるゴヤ賞の授賞式に出席。これぞハリウッド女優と絶賛されている。

ジャンニ・ヴェルサーチ殺害事件を描いたドラマシリーズ『The Assassination of Gianni Versace: American Crime Story(原題)』でジャンニの妹ドナテラを演じて話題となっているペネロペが選んだのは、もちろんヴェルサーチの白いドレス。justjared.comなどに掲載されている写真を見てみると、ラウンドネックに大胆スリットの入ったシンプルなデザインながらも、背中から肩や腰にかけてあしらわれたシルバーのアクセントが効いたデザインで、黒い蝶ネクタイにタキシード姿のハビエルとともに、仲の良いところを見せつけた。

スリットから覗くシルバーの高いヒールのサンダルを履いた美脚も絶賛の的で、ネットユーザーたちからは「顔も美しいし、スタイルも最高!」「痩せすぎ女優が多い中で、程よいボリュームが健康的」「バランスが完璧!」「2児の母親とは思えない」「ナイスカップル!」「繊細かつ貫禄がある、女優の中の女優」と、絶賛の声が寄せられている。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報