やっぱり!リッキー・マーティン、ついに“ゲイ”をカミングアウト

晴れ晴れ
  • 晴れ晴れ

かねてから噂されていた通り、ラテン歌手のリッキー・マーティンはゲイだった! リッキー本人が彼の公式ウェブサイトで明らかにした、とピープル誌など多くのメディアが報じている。

長い間ゲイ疑惑をかけられていたリッキーは、2000年ごろにもその手のインタビューを受けているが、キャリアの失墜を恐れていたようで、事実を認めていない。そして昨年8月には、無名の代理母に出産を依頼して誕生した実子で双子の男の子マテオとバレンティノの写真を、ツイッターで公開。ストレートであることの意思表示のようにも思われたが、それでもゲイ疑惑は晴れなかった。

そんなリッキーが今回は、「僕は、自分がホモセクシャルであることを誇りに思っています」とアッサリ。

「今日まで自分を偽って生きてきました。でも双子の子供たちのことを考えて、10年前、5年前にはできなかったことを、今ここで明らかにします。今日が、僕の記念すべき日です」と、ゲイであることをカミングアウトした理由について語っており、何かが吹っ切れたようだ。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報