深川麻衣、初主演映画で感涙「ターニングポイントになる」

『パンとバスと2度目のハツコイ』の初日に感涙した深川麻衣
  • 『パンとバスと2度目のハツコイ』の初日に感涙した深川麻衣

昨年、乃木坂46を卒業した深川麻衣が映画初出演にして初主演を務め、三代目J Soul Brothersの山下健二郎と共演した映画『パンとバスと2度目のハツコイ』の初日舞台挨拶が、2月17日にシアタス調布で開催。深川、山下、今泉力哉監督が舞台挨拶に登壇した。スタッフ陣を代表して今泉監督から深川への感謝の気持ちの手紙が代読されると、深川は感極まり涙を流した。

手紙は、本作の撮影からキャペーンまで大奮闘した深川をねぎらい、称える内容だった。「『パンバス』の主演が深川麻衣さんで良かったと思います。これからも女優として、また1人の魅力的な人として変わらずに、そして生まれ変わって、私たちをさらに驚かせてください。その時にまたご一緒できますように」。

深川は「びっくりしました」と戸惑いながらも共演者や監督、スタッフ陣への感謝の言葉を語っていくうちに涙していく。「初めての映画で、みなさんには本当に助けていただいたので、私もこの作品に参加させてもらって良かったという気持ちでいっぱいです」。

初主演映画について深川は「“初めて”は一生に1回。本当に大切な作品になりました。これまでにターニングポイントって何度かあったけど、本作も何年後かに振り返った時、自分のターニングポイントの作品になるのかな」と思い入れを語った。

独自の結婚観を持つ恋愛こじらせ女子を深川が演じた本作。共演の山下は「この作品で恋愛観や結婚観などはいろんな形があるんだと知りました。新しい役にもチャレンジさせていただいて、いろいろと難しい部分もあったけど、この作品を通して、少しですが自信がついたかな」と手応えを口にした。

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報