サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

宮崎あおいのコメントに“アジカン”後藤正文が感激!「着ボイスにしたい」

映画「ソラニン」の試写会に主演の宮崎あおい(写真中央)らが出席
  • 映画「ソラニン」の試写会に主演の宮崎あおい(写真中央)らが出席

4月3日(土)から公開される映画「ソラニン」の試写会が3月25日、都内で行われ、出演者の宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一(サンボマスター)と、メーン・テーマ曲とエンディング・テーマ曲を担当したアジアン・カンフー・ジェネレーション、三木孝浩監督が舞台あいさつを行った。

本作は、浅野いにおの人気同名コミックを映画化したもの。自由を求めて会社を辞めた芽衣子(宮崎)とフリーターをしながらバンド活動を続ける種田(高良)が、夢と現実の間で悩みながら生きる姿を描く。この日は「卒業生に贈るプレミア試写会」と題し、この春に大学・高校を卒業する学生約500人が集まった。

本作で初めて歌に挑戦した宮崎は「この素晴らしいサウンドを、わたしが歌うことで壊さないようにしなきゃなと思いました。ラストのシーンでは、芽衣子として種田に気持ちが届くように歌いました」とコメント。さらに、劇中で登場人物が悩みながら生きていくことについて、「悩むということはすごく好きな証拠だと思うんです。わたしは仕事やお芝居が大好きだから、悩みも上手に乗り越えていきたいです」と語った。

アジアン・カンフー・ジェネレーションのボーカル・後藤正文は、宮崎の言葉に、「うれしいの一言です。着ボイスにしたいくらい」と大喜び。続けて、「漫画の中の詞に曲を付けるなんて驚きましたが、やる気になりました。スタッフさんから“適当に歌詞を変えてもいいですよ”と言われたんですが、“そのままいきます”と答えました」と制作の裏話を明かした。

また、高良は「僕は高校の卒業式の日にCMの仕事が決まっていたんです。でも、卒業式に出たくてCMを断わりました。役者としては駄目な選択だったかもしれませんが、後悔はしていません。皆さんも後悔しない選択をしてください」と会場の卒業生にエールを送った。

映画「ソラニン」
4月3日(土)より全国ロードショー

キーワード

[PR] おすすめ情報