「海月姫」和物オタクを演じる富山えり子『全員幸せになってほしい!』【尼~ずインタビュー(1)】(1/2)

“尼~ず”の和物オタク・千絵子を演じる富山えり子
  • “尼~ず”の和物オタク・千絵子を演じる富山えり子

東村アキコの同名コミックが原作のドラマ「海月姫」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)。主演の芳根京子演じるクラゲオタク・倉下月海が、女装美男子の鯉淵蔵之介(瀬戸康史)や、その弟で議員秘書の童貞エリート・鯉淵修(工藤阿須加)と出会い、生活が一変していく“シンデレラ・コメディー”だ。

本作には、月海(芳根)と共に“天水館”で生活するさまざまなジャンルのオタク女子“尼~ず”が登場する。個性的な面々が集まった尼~ずだが、ドラマでは原作キャラを忠実に再現し、話題になっている。

今回ザテレビジョンでは、そんな尼~ずのキャスト4人に4週連続でインタビューを実施。その第1弾として、天水館オーナーの娘で“和物オタク”の千絵子を演じる富山えり子を直撃し、ドラマの見どころや最終回へ向けた思いなどを聞いた。

――個性的なキャラの千絵子ですが、実際に演じて富山さんと通じる部分はありますか?

自分との共通点を探して演じているつもりはありませんが、どこかに私の一部(の性格)が千絵子にもあると思うんです。

原作があってキャラもしっかりしていますが、私が演じることで、私の要素は入っていきます。それによってキャラが出来上がっていけば良いと思っています。

――千絵子の母で、天水館のオーナー・千世子も富山さんが演じられています。演じ分けは大変そうですね。

区別しているつもりも(千絵子と)一緒にしようとも思っていなくて、お母様の時はお母様としてそのシーンをやろうと思って臨んでいます。

初めてお母様のシーンを演じた時に、監督から「いい感じの演じ分けです!」を言っていただいたので、「あ、演じ分けできているんだ! なら大丈夫かな」と思って! ですので、そこまで意識はしていないです(笑)。

――「海月姫」で千絵子を演じて、ご自身の中で参考になったところはありますか?

常に勉強させていただいておりますが、普段はあまり着物を着ないので、勉強になってます(笑)。時代劇などでも着物を着るんですけど、時代劇とはまた違う感じですね。

原作では、千絵子はよく白目になっていて、目力があります。でも、さすがに白目は乱用できないです(笑)。

――着物ということですが、その所作も変わってくるのでしょうか?

変えるというよりも、自然と制限されますので、着物の動きの範囲で演じていますね。足が開けないとか(笑)。割と姿勢はいつもいいです!

―― “尼~ず”は蔵之介によって変身していますが、千絵子はまだ着物のままですよね。変身願望はありますか?

どうなるんでしょうか! いつか、洋服を着せてくれるんでしょうか…。

“変身願望”はアリ? ナシ?(2/2)
  • 1
  • 2
「海月姫」
毎週月曜夜9:00-9:54
フジテレビ系で放送
出演=芳根京子、瀬戸康史、工藤阿須加、木南晴夏、松井玲奈、内田理央・要潤・北大路欣也ほか


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報