タコといえばココ!絶品タコ料理に舌鼓 in 愛知県・日間賀島

ちょっと遠出をするのなら、新鮮な魚介類が魅力的な漁港めしを食べに行こう。東海エリアは、実は国内有数の漁獲量を誇る漁港が多い、お魚天国なのだ。愛知県で海といえば、知多半島エリアが思いつくはず。そこには“日本一のタコの島”があった!

島のシンボルのタコのオブジェがかわいい!
  • 島のシンボルのタコのオブジェがかわいい!

絶品タコ料理が食べられる!愛知県・日間賀島

“日本一のタコの島”と称されるのは日間賀島(ひまかじま)。日間賀島ブランドのタコは、全国の料亭やレストランで扱われるほど質がよくおいしい!

【写真を見る】日間賀島といえば、なタコ。質がよく美味
  • 【写真を見る】日間賀島といえば、なタコ。質がよく美味

テレビドラマ「孤独のグルメ」でも、日間賀島を舞台にタコ料理が取り上げられ、全国的に有名になった。

タコ料理を堪能するならココ!

広い店内には大きな生けすがあり、見るだけでも楽しい
  • 広い店内には大きな生けすがあり、見るだけでも楽しい

魚介料理が自慢の宿にある食事処「御やど 乙姫」。店内には大きな生けすがあり、食材はそこから取り出したものをすぐに使用する。「たこしゃぶ」(864円)をはじめ、新鮮な日間賀島名物を堪能できる。

新鮮な生タコをさっと湯に通して食べる「たこしゃぶ」(864円)。コリコリの食感とタコの甘味が楽しめる
  • 新鮮な生タコをさっと湯に通して食べる「たこしゃぶ」(864円)。コリコリの食感とタコの甘味が楽しめる
ふっくら炊き上がり、タコの旨味がご飯に染み渡ったたこめしに、味噌汁などが付く。「たこめしセット」(864円)
  • ふっくら炊き上がり、タコの旨味がご飯に染み渡ったたこめしに、味噌汁などが付く。「たこめしセット」(864円)

おしゃれなタコグルメを食べに、島のバルへ!

1階はドリンクや軽食がそろうバル、2階はランチのみ営業
  • 1階はドリンクや軽食がそろうバル、2階はランチのみ営業

島を歩いていると目を惹くのが、おしゃれな外観の「島バル daitome(ダイトメ)」だ。1階は軽食やテイクアウトメニュー、アルコール類などがそろうバルで、2階は丼や定食が味わえる食事処となっている。どちらも島のタコや貝といった、魚介類を使ったメニューが自慢!

タコ、貝、シラスが入った「たことしらすのアヒージョ  バゲット6枚付き」(1200円)
  • タコ、貝、シラスが入った「たことしらすのアヒージョ バゲット6枚付き」(1200円)
日間賀島で捕れたアナゴのかば焼きがのっている。ダシや薬味が付き、ひつまぶし風に味わえる「まぶし風穴子丼」(1200円)
  • 日間賀島で捕れたアナゴのかば焼きがのっている。ダシや薬味が付き、ひつまぶし風に味わえる「まぶし風穴子丼」(1200円)

普段メインで食べることの少ないタコ。日間賀島を訪れれば、そのおいしさの虜になるに違いない!!

■御やど 乙姫
住所:愛知県知多郡南知多町日間賀島西浜12
電話:0569-68-2107
時間:11:30~14:30
休み:不定休

■島バル daitome
住所:愛知県知多郡南知多町日間賀島西浜11
電話:0569-68-3006
時間:1F 9:00~17:30ごろ、2F 11:00~15:00
休み:水曜

⇒好評発売中の東海ウォーカー春号では漁港めしドライブを大特集!





東海エリアは国内有数のお魚天国! 朝市、海鮮丼など、新鮮&絶品な漁港めしを求めてGo!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報