サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

注目のマンガ家・浅野いにおが告白「『ソラニン』はあの頃の自分を描いた作品」(1)

映画「ソラニン」について語ってくれた原作者の浅野いにお氏
  • 映画「ソラニン」について語ってくれた原作者の浅野いにお氏

宮崎あおい、高良健吾が主演する映画「ソラニン」が4月3日(土)より公開される。本作は、元OLの芽衣子(宮崎)とその彼氏でフリーターの種田(高良)、そして彼のバンド仲間たちの姿を描いた物語。愛する音楽を続けたい一方で、就職する決意も固まらぬまま、ぬるま湯に漬かってしまった彼女たちが、理想と現実のはざまで揺れながら成長していく姿を描いている。YUIなど人気ミュージシャンのPV作品を数多く手がけてきた三木孝浩が監督を務め、宮崎をはじめ、桐谷健太、近藤洋一(サンボマスター)らバンドのメンバーたちは吹き替え無しで楽器を演奏するなど音楽的要素も強い作品に仕上がっている。

「ソラニン」の原作者である漫画家・浅野いにお氏が映画版の感想と原作に込めた思いを語ってくれた。

――完成した映画に対する率直な感想をお聞かせください。

浅野「原作のキャラクターの雰囲気と役者さんの雰囲気がかなり近くて、まったく違和感を感じませんでした。漫画からそのまま抜け出てきたみたいですよね。ただ、原作者という微妙な立場からは、作品全体に関してコメントするのは難しいんですよ。今回はかなり原作に忠実に作っていただいたこともあり、ストーリーを褒めると自分を褒めることになってしまいますし。せりふもかなり忠実に再現していただいたので、自分の書いた覚えのあるフレーズに対して、“あのせりふが良かった”というのもちょっと(笑)。ただ、僕自身はこの作品の主人公は芽衣子で、彼女の目線で描いていたつもりなんですけど、映画を見ている間は種田側に立っていたんですよ。芽衣子から何かを言われる側になって、ようやく彼女のキャラクターを客観的に見ることができました。それはすごく新鮮でした」

――確かにビジュアル的にも原作のキャラクターに近いキャスティングでしたね。映像化に関してリクエストは出されたんでしょうか?

浅野「企画が具体的になってきた段階で、いろいろリクエストは出させていただきました。その中でも特にお願いしたポイントが3点あったんです。まず一つは、おおまかなストーリーは変えないでほしいということ。もう一つは、役者さんには実際に楽器を演奏していただきたいということ。そして最後は、加藤というキャラクターの体型(小太り)だけは忠実にということです。この3点に関してはすべてクリアしていただきました。加藤役の近藤さんは本当にピッタリでしたね。しかも、ご本人から聞いたところ加藤と同じく大学に6年間通ったそうで、しかも奥さんが軽音部の先輩だった“あいちゃん”ということなんですよ。すごい偶然です」

――その近藤さんほか、宮崎さんたちが実際に演奏する「ソラニン」という曲がありますよね。原作にも登場していた歌詞に曲がつきましたが、“作詞家”としてどのような感想をお持ちですか?

浅野「実は原作を描く前から映画の曲とは違う『ソラニン』という曲があったんです。ただ、漫画に合わせて書いた詞じゃなかったので、そのズレは調整しながら完成させました。音楽を漫画にする場合にはいろんな表現の仕方があるんですよね。歌詞は書かずに演奏している雰囲気を描いて伝えるというのもその一つです。この作品を描いている時は“歌詞も書いてしまえ!”という勢いがありました。本当に種田が考えて書いたような詞が登場するっていうのは、読者にとっても新鮮かなという思いもあったんです。今回、曲をつけてくれたASIAN KUNG-FU GENERATIONはもともと好きなアーティストなんです。そのアジカンの後藤(正文)さんが作曲してくれると聞いた時に、“例えどんな曲になっても文句は言わない”と決めていたんですが、完成した曲は想像を超えていました。いい意味でアジカンらしい曲になっていたんですよ。もともとアジカン好きな僕が描いた漫画ですから、漫画の世界観や登場人物の雰囲気とこの曲の間に違和感があるわけないという感じです」

(2)へ続く

キーワード

[PR] おすすめ情報