サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

宮崎あおいが心を“ぐっ”とつかまれた、桐谷健太の行動とは!?

映画「ソラニン」の初日舞台あいさつに、出演者の宮崎あおい(写真右から3番目)らが出席した
  • 映画「ソラニン」の初日舞台あいさつに、出演者の宮崎あおい(写真右から3番目)らが出席した

映画「ソラニン」の初日舞台あいさつが3日、都内で行われ、出演者の宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一(サンボマスター)と、原作者の浅野いにお氏、三木孝浩監督が登場した。

本作は、浅野の同名人気コミックを映画化したもの。OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎)と、その恋人で、音楽の夢をあきらめきれずバンド活動を続けるフリーターの種田(高良)が、夢と現実に揺れ悩む姿を描いた青春ドラマだ。

宮崎は「クライマックスのライブシーンの後の打ち上げで、けんちゃん(桐谷)が『めっちゃ疲れたなー。俺、ひざ笑ってるわー』と言うので見てみたら、マジックでひざに笑顔が描いてあったんです(笑)。その心遣いがうれしかったですね」と桐谷のサービス精神に感激したことを告白。桐谷は「あおいちゃんの心をぐっとつかみましたね」と自信を見せつつ、「みんな疲れてるやろな思て、撮影後にトイレに隠れてこっそり描いたんです」とハニカミながら、ムードメーカーの顔をのぞかせた。

撮影現場に顔を出した際、キャストやスタッフの台本にイラストを描いて回ったという浅野氏は「現場では立ち位置が分からず、ちょっと手持ちぶさただったので、(イラストを)描いて参加している感じになってました」と笑顔を見せ、「種田の大事なシーンでの心情について、高良くんはとても悩んでくれていました。悩んでいる高良くんが、種田に重なって、その時、高良くんに全部任せていいんじゃないかなって思いました」と原作者の視点で撮影を振り返った。また、高良とはプライベートでも交流があるらしく、「その時は感動的な感じだったんですけど。最近はなれ合いがひどくなってきましたね(笑)」とコメント。高良も「中学生の底辺みたいな会話をしています」と、現場を越えた仲の良さを明かした。

三木監督は「原作者の人ってもっと偉そうにしているものだと思ったんですけど、気さく過ぎでした。現場で見守っていてくれたことはとても支えになりました」と浅野氏の人柄に感心した様子。

最後に宮崎は「この映画を見て、自分のことを嫌いだったり否定している部分があったりする人も、そういう自分を受け入れて、先に進むきっかけになってくれたらいいなと思っています。応援してください」と、観客に向けてメッセージを送った。

映画「ソラニン」
全国公開中

キーワード

[PR] おすすめ情報