本田望結が一人二役に初挑戦!京都アニメーション最新作『リズと青い鳥』で童話の中のヒロインに

注目のアニメ映画『リズと青い鳥』に本田望結がゲスト出演!
  • 注目のアニメ映画『リズと青い鳥』に本田望結がゲスト出演!

日本アカデミー賞優秀アニメーション賞など数々の映画賞を受賞した『聲の形』(16)の監督・山田尚子と脚本・吉田玲子らメインスタッフが再集結した『リズと青い鳥』が4月21日(土)から公開。この度、本作のゲスト声優に女優でフィギュアスケーターの本田望結が抜擢された。

武田綾乃の小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」の映画化である本作は、2015年に放送され話題を博したアニメ「響け!ユーフォニアム」のスピンオフ作品。同作に登場した吹奏楽部員でオーボエ担当の鎧塚みぞれとフルート担当の傘木希美にフォーカスを当て、最後のコンクールに臨む2人の友情を儚くも美しく描き出す。

本田が演じるのは劇中に登場する絵本「リズと青い鳥」の登場人物“リズ”と“少女”の2役。この絵本をイメージして作られた同名楽曲がコンクールの自由曲に選ばれ、オーボエとフルートの掛け合いがあること、そしてリズと少女の関係に、みぞれと希美は自分たち2人の姿を重ねはじめる。

2月下旬、都内のスタジオで本田の出演シーンの公開アフレコが行われた。この日収録されたのは、リズと少女がピクニックに出かけるシーン。短いシーンではあるが2人のやり取りだけで構成される難しい場面を、本田は声の強弱を変えるなど巧みにこなす。

「ひとつの役をやるよりも考えることがたくさん。自分が2人いるようなつもりで演じました」と、初めての一人二役の大変さを明かした。これまでも洋画の吹替えなどで声優に挑戦してきた彼女だが、日本の劇場用アニメは本作が初めて。「周りがプロの声優さんたちなので、私だけが浮いちゃわないように頑張りました」と溌剌と語る。

本作でメガホンをとる山田から直々に指名され演技を大絶賛されたということを、この日初めて聞かされた本田は「すごく嬉しいです」と目を輝かせた。そして「初めは不安もあったけれど、すごく楽しく収録できました」とこれまでの収録を振り返り「あっという間に終わってしまいました」と少し寂しげな表情を浮かべた。

また、女優とフィギュアスケーターの二足のわらじを履く彼女は、先日行われた平昌オリンピックについて「感動しました」とコメントし「私はスケートを好きというだけでやっているので、オリンピックは遠い遠い場所です」と謙虚な姿勢を見せる。そして「自分のためはもちろん、家族や応援してくださる方のために、どちらでも結果が残せるように頑張っていきたい」と、ふたつの肩書きを両立させていく抱負を力強く述べた。

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報