グルメ

パンに収まらない200gの麺! ローソンから“超デカ盛り焼きそばパン”発売

東京ウォーカー(全国版) 2010年4月13日 9時40分 配信

すべての写真を見る(3件)
いまや、ファストフードだけでなくコンビニでも次々と登場する“メガ盛りフード”。弁当やパスタは定着しつつあるが、今度はなんと超メガ盛りの焼きそばパンが登場する。入っている焼きそばは、普通サイズのカップ焼きそば(麺100g/編集部調べ)の2人前に当たる200g! パンの切れ込みに収まらず“オープンサンド状態”という、びっくり新商品だ。

4月13日、ローソンから発売されるのは「でっかい焼そばロール」(298円)。全体重量約310g、従来の焼きそばパンと比べて約2倍の重さという、巨大な焼きそばパンだが、普通のものと比べると、その大きさがより鮮明に。“胴回り”は約26.5cmで、ローソンの「焼そばロール(からしマヨ)」の約19cm(共に編集部調べ)と比べると約1.4倍! 結構ボリューミーな「焼そばロール」をも凌駕する“太さ”で、手で持ってみても、ずっしり感がハンパではなく、パンというより中身の入ったペットボトルを持っている感じだ。

「お客さまの価値が変化している中で、コンビニの調理パンでは、ありそうでなかった“重量を意識した商品”を発売しようと思いました」というローソン商品担当者のコメントどおり、かなりインパクトのある焼きそばパンだが、この形に落ち着くまでは、意外な(?)苦労もかなりあったのだとか。

「見た目のインパクトを重視するあまり、焼きそばの重量が350g近くになって、試食テストで完食できなかったことも(笑)。そんな結果も踏まえて、200gというサイズに落ち着きました。とはいえ、長さ約22cmは、やはり“規定外”ということで、パンは特別発注したんです」(同担当者)

大きくなるまでには、いろいろ苦労もあったという「でっかい焼そばロール」は4月13日(火)より発売。もちろんサイズだけでなく、ピリ辛ソースでジューシーに仕上げた焼そばや、隠し味のマヨネーズなど、味へのこだわりもなかなかのもの。約680kcalという“びっくり焼きそばパン”、ガッツリ食べたい人にはうれしい新商品となりそうだ。 【東京ウォーカー】

おすすめ情報