メーガン・マークル、紺のコートとシガレットパンツで魅了!

メーガン人気は衰え知らず
  • メーガン人気は衰え知らず

ヘンリー王子と婚約者のメーガン・マークルが、3月8日の国際女性デーにちなんでバーミンガムで開催されたチャリティイベントに参加した。

国連のジェンダー平等のための機関UN Womenを支持するメーガンが、沿道に待ち受ける子供たちの目線でひとりひとり丁寧に対応したり、ヘンリー王子が連れてきた少女をハグする様子などが話題となったが、やはり人々の一番の関心事はファッションだ。

英王室の掟では、基本的に公務でパンツは着用しないとされており、先月行われた室内イベントではワンピースを着ていたメーガンだが、屋外では、やはり今回もコートにパンツという出で立ち。

襟に白いラインの入った米ブランドJ.クルーの298ドル(約3万1600円)のネイビーのコートにコーディネートした、仏ブランドアルチュザラのネイビーのバッグ、インナーは英ブランドのオールセインツの白いハイネックのセーターに、米ブランドのアレキサンダー ワンの黒いシガレットパンツ、英ブランドのマノロ ブラニクの625ドル(約6万6400円)の黒いスウェードパンプスといったように、さまざまな国の高級ブランドと庶民派ブランドを織り交ぜてのファッションで人々を魅了。J.クルーのコートは即完売したようだ。

キーワード

[PR] おすすめ情報