ヘップバーンの再来、キャリー・マリガンが『17歳の肖像』で得たものとは

キャリー・マリガン。日本については「一度も行ったことがないのですが、とても行ってみたい」とのこと
  • キャリー・マリガン。日本については「一度も行ったことがないのですが、とても行ってみたい」とのこと

アカデミー賞をはじめ、今年の映画賞レースで注目された“21世紀のオードリー・ヘップバーン”キャリー・マリガンの主演作『17歳の肖像』がいよいよ4月17日(土)に公開される。今や最もホットな若手女優となったキャリーに、今の心境や撮影秘話を語ってもらった。

『17歳の肖像』は、キャリー扮する優等生のジェニーが、ピーター・サースガード扮する年上の男性デイヴィッドと恋に落ち、今まで体験したことのなかった大人の世界に足を踏み入れるという青春ラブストーリーだ。本作で16歳のヒロインを演じて世界的に大ブレイクした彼女だが、この役を手に入れる前の段階でひと波乱あったと言う。

「かなり長いプロセスを経てようやく得たジェニー役です。まず、撮影が始まる2年くらい前に初めて脚本を読んで、オーディション用のテープを作りました。でもインディペンデント映画ということで、撮影の1ヶ月前くらいまで、資金調達が難航していたようです。ピーター・サースガードやエマ・トンプソンは最初から映画に参加することが決まっていたけど、映画として実現できるかどうかもハッキリしていなくて。4回目のオーディションで(ロネ・)シェルフィグ監督が決定し、ようやく始動することになったんです」。

本作では、ジェニーが背伸びをしながらも、デイヴィッドに惹かれていく過程が生き生きと描かれている。ジェニーに共感できる部分はあったのだろうか? 「一番共感できた部分は、ジェニーがパリに憧れていた点です。私も自分が今いる場所に満足できなくて、とにかくニューヨークに行きたい、ブロードウェイの舞台に立ちたいという気持ちがありました。今いるところではないどこかへ行きたいと切望する気持ちはよくわかりました」。

見事ヒロインに抜擢され、本作で数多くの映画賞を受賞した彼女だが、撮影前に今の状況は想像できたのだろうか。「6週間半の撮影期間で、低予算で撮った映画だったし、撮影中いろいろあって、まさかこうなるとは思ってもいなかったです。サンダンス映画祭でSPE(Sony Picture Classics)に買ってもらってラッキーでした」。

では、世界的に評価された今の心境とは? また、彼女を取り巻く環境は変わったのだろうか? 「仕事の量も増えたし、本作に出演しなければ共演できなかった素晴らしい方と仕事をする機会を与えられたという面は本当によかったと思います。でも、それらは全て仕事に関する変化であって、私の普段の生活はほとんど変わらないです」。

この映画に出演したことで、得た物はさぞかし大きかったのでは? 「昔は失敗してはいけないとプレッシャーを感じたり、心配することが多かったのですが、緊張せずにリラックスして楽しんで仕事をするということを、ピーターから学びました。彼はいろんなことを試してみて、それがうまくいかなくてもまた別のことをやればいいという考え方の人で、私に楽しんで仕事をすることを教えてくれました」。

劇中のジェニーさながらに、共演したピーターからいろんなことを吸収したということか。本作を経て、女優として躍進した彼女は、『マイ・フェア・レディ』(64)のリメイク版のヒロインに決定。今後も“21世紀のオードリー”の名にふさわしい活躍をしてくれそうだ。まずは『17歳の肖像』で、彼女のフレッシュな魅力を堪能したい。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報