岩田剛典が男泣き!『去年の冬、きみと別れ』瀧本監督からの手紙に感動

『去年の冬、きみと別れ』の初日に岩田剛典が男泣き
  • 『去年の冬、きみと別れ』の初日に岩田剛典が男泣き

『教団X』の芥川賞作家・中村文則による小説を映像化した『去年の冬、きみと別れ』の初日舞台挨拶が、3月10日に丸の内ピカデリー1で開催。岩田剛典、山本美月、斎藤工、浅見れいな、土村芳(かほ)、北村一輝、瀧本智行監督が登壇した。サプライズで瀧本監督から岩田への手紙が代読されると、岩田は感涙し「うれしいです。監督と一緒にやれてよかったです」と瀧本監督に感謝した。

予断を許さないミステリーである本作にちなみ、ゲスト陣は“予測不能!クイズ”に挑戦することに。一番ハズした人は、罰ゲームとして「恥ずかしい秘密を公表される」と聞かされたが、じつは最終的に岩田が負けるようにと仕込まれていた。

岩田は3問目で自分だけが不正解となり、初めてハメられたことに気づくと「おかしいだろ。そういうことか」と苦笑い。その後、恥ずかしい秘密ではなく、瀧本監督からのねぎらいの手紙が披露されると知った岩田は「マジっすか? ありがとうございます」と笑顔を見せた。

手紙には岩田について「スマートな見かけによらず、不器用な人」とあり、「きっとあなたは、プレッシャーと闘いながらもがき、あがき苦しんだのだと思います」というねぎらいの言葉が。

また、瀧本監督は駆け出しのころ、大先輩に言われた言葉を岩田に送っていた。「器用なやつは、すぐに答えにたどり着く。でも、不器用なやつしかその先にはたどりつけない。あなたを見ていてそんな言葉を思い出しました。今後も愚直にひたむきにもがき続けてください」。

岩田は涙を流し「出会いが本当にすごく自分の…」と言った後、涙をぬぐい「また、監督といつか作品をご一緒できるように、成長した姿を見ていただきたいといま、改めて感じました。本当にありがとうございました」と言葉をかみしめた。

『去年の冬、きみと別れ』は、岩田剛典と斎藤工共演の純愛サスペンス。新進気鋭の記者・耶雲恭介(岩田剛典)が、猟奇殺人事件の容疑者で天才カメラマンの木原坂雄大(斎藤工)と対峙していく。

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報