「いいとも少女隊」の鈴木凛が“妄ドル”宣言!

妄撮写真集「鈴木凛×妄撮(R)」を発売し、握手会を行った鈴木凛
  • 妄撮写真集「鈴木凛×妄撮(R)」を発売し、握手会を行った鈴木凛

昼のバラエティー番組「笑っていいとも!」の「いいとも少女隊」として、女芸人・渡辺直美と2年間コンビを組んでいたアイドル・鈴木凛が、シリーズ20万部突破の妄撮写真集「鈴木凛×妄撮(R)」を発売。それを記念して10日、都内で握手会を行い、実際に破れる“妄撮Tシャツ”姿で登場した。

鈴木が生まれ育った家で撮影された本作。プライベート感たっぷりの妄撮を中心に、本人が大好きなパンダやカメラマン、DJなどにふんし、さまざまな衣装で妄撮を披露している。

人気シリーズ“妄撮”に出演したことに鈴木は「わたしは妄想が大好きなので、これからは“妄ドル”として、妄想する楽しさを全世界に広めたい」と大きくアピール。また、初めての妄撮に、「外で撮るのは、最初は恥ずかしかったんですけど、いけないことをしてると思うとだんだん快感になって、楽しかったです(笑)」と笑顔で語った。

「笑っていいとも!」に出演していた鈴木は、同番組に出演中の関根勤に写真集を見せると、「“いちご大福”ってニックネーム付けられました、理由は『凛ちゃんは、そこはかとなくエロい感じがする』って言われました」と見事なあだ名を付けてもらったことを明かした。また、司会のタモリにも写真集をプレゼントしたそうだが、「まだ感想はもらってないので今度聞いてみたいです」と残念そうだった。

同番組を2日に卒業した鈴木は「生放送で皆さんがトークをコンパクトにまとめて笑いを提供してたので、わたしも皆さんを楽しくさせることができる“妄ドル”として活躍していきたいです」と今後の目標を語った。

写真集「鈴木凛×妄撮(R)」
発売中 1785円(税込)講談社

公式ブログ
http://suzukirin.iza.ne.jp/blog/

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報