一生に1度は渡りたい!秘境のつり橋から見る、圧巻の景色〈静岡県〉

アルプスの山麓、静岡県・川根本町にそっと息づく秘湯・寸又峡(すまたきょう)温泉。そこから程近い場所に、旅行クチコミサイト「トリップアドバイザー」が選んだ絶景がある。2012年にまとめられた「死ぬまでに渡りたい世界の徒歩吊り橋10」にランクインした「夢の吊橋」だ。

世界がうらやむ絶景つり橋を渡る

大間ダムが造り出した、コバルトブルーの大間ダム湖にかかる絶景つり橋。背景には南アルプス国立公園の緑が広がる
  • 大間ダムが造り出した、コバルトブルーの大間ダム湖にかかる絶景つり橋。背景には南アルプス国立公園の緑が広がる

寸又峡温泉から1周90分の寸又峡プロムナードコースを20分ほど歩けば、美しいコバルトブルーのチンダル湖にかかった「夢の吊橋」が見えてくる。秘境にたたずむつり橋は魅力的で、見ていると引き寄せられるような感覚に。高さ8m、全長90.mで、同時に10人しか渡れない点も不思議とワクワクさせる。ちなみにアクセスは、名古屋からは車で向かうのがベター。公共交通機関を利用する際は1泊2日のスケジュールを組んでのんびり向かおう。

【写真を見る】のんびり旅を楽しみたい人は、大井川鐵道のSL列車に乗るのがおすすめ
  • 【写真を見る】のんびり旅を楽しみたい人は、大井川鐵道のSL列車に乗るのがおすすめ

【写真はここから撮ろう】つり橋の入口や真ん中などで撮影するのが一般的。新緑が映える季節が特に美しい写真になる。混雑時や時間帯によって橋は一方通行になる。周囲の迷惑にならないように注意を。

【絶景データ】ベストシーズン:5~7月/ベストタイム:10:00~15:00ごろ

■夢の吊橋
住所:静岡県榛原郡川根本町寸又峡温泉
電話:0547-59-2746(川根本町まちづくり観光協会)
時間:24h
休み:なし
交通アクセス:名古屋ICから車で約200分

■「東海ウォーカー特別編集 奇跡の絶景に出会う旅」
価格:800円+税
販売場所:東海3県と静岡県(一部)のコンビニ、書店にて販売



「東海エリアの絶景特集」はココからチェック!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報