夜ブラに部屋ブラ!?“リラックス系下着”がブーム

おしゃれで楽ちん♪華やかな柄がかわいい“部屋ブラ”
  • おしゃれで楽ちん♪華やかな柄がかわいい“部屋ブラ”

ここ数年、外出を控えて家の中での時間を大切にする“巣ごもり”のライフスタイルが浸透している。これを受けてか、ここ1〜2年、若い女性の間で「ジェラートピケ」に代表される、着心地の良い素材のオシャレなルームウェアが大ヒット。そして、そんな“かわいくて楽ちん”の波が下着にも波及し、“夜ブラ”や“部屋ブラ”がじわじわとブームになっている。

まず注目は“夜ブラ”。トリンプはこの春、就寝時に着用する「おねむりブラシリーズ」の新作を発売した。ただ、メーカーとしては本来は就寝時にワイヤー入りのブラジャーを着用することを勧めていなかったという。

「寝る時にも形を崩さないため、ブラジャーをつけたい、というお客様の強い要望に応えて、ノンワイヤーの就寝用ブラジャーを販売するに至りました」(トリンプ広報担当)。この「おねむりブラシリーズ」は2005年から発売され、当初はさほど目立った売上はなかったものの、昨年にかけて売上が倍増、じわじわと需要が高まりつつある。リラックス感にこだわり締め付けが少なく、肌触りの良い素材を使った、まさに寝るための“夜ブラ”なのだ。淡いパステルカラーにレースやリボンがポイントとなったデザインもかわいく、若い女性の人気を得ている。

また“部屋ブラ”派も増えている。オシャレなルームウェア人気の延長で、下着にもデザイン性や着け心地を重視して選ぶ女性が多くなっているという。

ワコールの担当者は「ここ1〜2年、リラックスでき、かつデザインがかわいい下着を求めるお客様が増えています」と話す。同社の展開するブランドの中でも、特に若い女性向けの「ウンナナクール」では、着心地の良い素材と、下着には見えないキュートなデザインのノンワイヤーブラジャーを展開。好評を博して年々バリエーションが増えている。

こうした流れについて、東武百貨店池袋店婦人肌着担当は「昨年春あたりから各メーカーでリラックス系下着の発売が目立ち始め、売れ行きも好調です。今後もより大きなスペースで商品を展開していく予定です」と話し、売場での評判も上々のようだ。普段は見えない部分も、オシャレで楽ちんにいたい!という女性のわがままに応えるリラックス系下着は、ますます広がっていきそうだ。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報