瓶を使うのでかんたんお手軽♪ 鮭フレークを使ったご飯もの5選

「鮭のり卵丼」
  • 「鮭のり卵丼」

パパッと加えるだけで鮭のおいしさが楽しめる「鮭フレーク」。ちょい足しするだけで簡単にアレンジできるメニューが数多くあるので、献立に悩んだ際におすすめの具材です。今回は鮭フレークを使ったご飯もの5選をご紹介。忙しくて料理がついマンネリ化してしまう人は、ぜひ活用してくださいね。

鮭のり卵丼(1人分403Kcal、塩分2.1g)

【材料・2人分】

鮭フレーク 50g、卵 2個、万能ねぎの小口切り 2本分、のりのつくだ煮 大さじ2、温かいご飯 小どんぶり2杯分

【作り方】

1. 器にご飯を盛り、万能ねぎを散らし、鮭フレークをのせる。卵を割り落とし、のりのつくだ煮を添える。

甘辛いのりのつくだ煮と適度な塩けがある鮭がコラボした丼もの料理です。材料を盛りつけるだけで完成するので、調理がラクチン。最後に卵を割り落とせばマイルドな味わいになり、味に奥行きが出ますよ。

鮭フレークのみそ雑炊

わかめとレンコンのシャキッとした食感がクセになります。スープジャーを使えばお弁当にもぴったり。

体の芯まで温まる「鮭フレークのみそ雑炊」
  • 体の芯まで温まる「鮭フレークのみそ雑炊」

鮭チーズむすび

まろやかな風味のクリームチーズが美味。味にアクセントをつけてくれるので、最後まで飽きのこない1品に仕上がります。

「鮭チーズむすび」
  • 「鮭チーズむすび」

鮭の豆乳みそスープご飯

かくし味におろししょうがを使用しています。豆乳のやさしい甘みがやみつきになるかも。

「鮭の豆乳みそスープご飯」
  • 「鮭の豆乳みそスープご飯」

鮭とにんじんのすしケーキ

型に材料を入れるだけで作れるお手軽メニュー。型におもしをして約30分置けば、きれいな形に整いますよ。

「鮭とにんじんのすしケーキ」
  • 「鮭とにんじんのすしケーキ」

鮭フレークは、商品によって具の大きさや味つけが違います。いろいろと食べ比べてみて、お気に入りの味をみつけてみてはいかが?

詳しいレシピはこちら!
鮭のり卵丼
鮭フレークのみそ雑炊
鮭チーズむすび
鮭の豆乳みそスープご飯
鮭とにんじんのすしケーキ

ほかにもいろいろ!鮭フレークを使ったレシピをチェック!

キーワード

[PR] おすすめ情報