ボウルのまま混ぜて焼いて!ワンボウルでできる絶品プリンを作ってみた

今月号のレタスクラブの特集は「卵でカンタンおかず」です。

実は…実は…実は私…卵料理が大の苦手です…。

何が苦手って、火加減が苦手!

固くなりすぎたりゆるくなりすぎたり…

いつか克服せねばと思いながら、苦手なまま主婦10年目をむかえました。

それにしても卵のおかずってバリエーション豊かですね〜!

卵は冷蔵庫に常備しているから、あと一品!っていうときに大活躍してくれそう。

これは卵料理が苦手だなんて言ってる場合ではなさそうですね!

そういえば今年は卵料理が得意な主婦を目指すって目標を立てていたんだったな…(遠い目)

 

そんなことを思いながらページをめくっていると、「卵が主役のワンボウルスイーツ」なるものを発見!

材料をボウルで混ぜてそのままオーブンにINすれば完成って…何これすごくカンタンそう‼︎

しかも出来上がるまでオーブン任せでいいなんて、火加減苦手な私にもってこいのレシピではありませんか!

混ぜてオーブンに入れたら絶品プリンが完成!?
  • 混ぜてオーブンに入れたら絶品プリンが完成!?

奇しくもこの日(3月6日)は結婚記念日。

晩ごはんの後のデザートにピッタリ♫

というわけで、早速ワンボウルプリンを作ってみま〜す!

まずはオーブン加熱OKのボウルを用意します。

ステンレスかホーローがいいようです。

大きさは直径18センチのものがベストサイズ。

【材料】

卵…2個

いちご…5粒(約100グラム)

牛乳…1カップ

砂糖…40グラム

いちごソース

[イチゴジャム…大さじ1、水…小さじ1]

.
  • .

【下準備】

・25×20センチのバットにペーパータオルを四つ折りにして敷き、オーブンの天板にのせる

・60℃くらいのお湯を用意する

・オーブンを170℃に余熱する

.
  • .

1. いちごは1.5センチ角に切る

ボウルに卵を割り入れ、なるべく泡を立てないように溶き混ぜる

2. 砂糖を加え混ぜる

3. 牛乳を加え混ぜる

4. 表面の泡をペーパータオルで取り除き、いちごを加える

5. 下準備したバットの深さ半分まで60℃の湯を注ぐ

オーブンに入れ25分〜30分焼く

ボウルを少し揺らしてみて、表面にぷるんとした弾力があれば網の上で冷ます

粗熱がとれたら冷蔵庫で一時間以上冷やす

.
  • .

オーブンに入れるまで10分以内でできました!

焼いてる間にキッチンのお片付け〜。

そしてあっという間に30分‼︎

粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし完成です!

【写真を見る】美味しそう♪完成したプリン
  • 【写真を見る】美味しそう♪完成したプリン

ざっくりスプーンですくってお皿に取り分けて、いただきま〜す!

美味しい…美味しいですワンボウルプリン‼︎

あんなにカンタンに作ったとは思えないリッチな味わいです‼︎

クリームブリュレのように濃厚、かつ舌の上でとろけるなめらかさ…

某高級ブランドのプリンもびっくりの出来栄え。

そしてじっくりと火が通ったいちごがトロリと甘〜い♪

甘酸っぱいいちごソースが味の決め手になっています。

.
  • .

 

今まで蒸しプリンしか作ったことがなかったのですが、蒸しプリンは火加減との戦いでした。

何度も何度も串で刺して火の通りを確認したり、火が強すぎてスが入ったり。

毎回仕上がりにばらつきが出てしまい、プリンは私にとってハードルの高いスイーツでした。

ですがこのワンボウルプリンの手軽さとオーブン任せな火加減で、プリン作りがググッと身近なものになりました!

これはしょっちゅう作ること間違いなしです!

次のお休みは子どもたちと一緒に作ってみようと思います!

作=マルサイ

■著者:マルサイ(バックナンバー
子どもたちが寝静まった後の大人のゴールデンタイムに描いた絵日記をインスタグラムに投稿するのが最高の娯楽。趣味は田んぼの生き物を観察すること。コミックエッセイ集『うちの子の場合!』(KADOKAWA)、単行本『男子が3人います。』(大和書房)発売中。ツイッターもぼちぼちつぶやき中。

■出典:『レタスクラブ』3月号 私のベスト1レシピ「大根とザーサイの水餃子」

キーワード

[PR] おすすめ情報