ラーメン好き女子大生が実食レポ!京都の人気ラーメン店が監修したカップ麺を食べてみた

2018年3月19日(月)、寿がきや食品からカップ麺「京都らぁ麺 とうひち監修 鶏白湯らぁ麺」が発売される。

「この味で270円は安いと思います!」
  • 「この味で270円は安いと思います!」

「らぁ麺 とうひち」は2015年に京都にオープンした人気ラーメン店で、その実力は「ミシュランガイド京都・大阪」で2年連続「ビブグルマン」を獲得するほど。今回、商品化されたのは数量限定メニューの「鶏白湯らぁ麺」で、店のラーメンと同様に店主のこだわりが光る一杯だという。そんな注目のカップ麺を、女子大生ライターの丹羽が一足先に試食してレポート!

京都の名店が監修したカップ麺の気になるお味は…?

「京都らぁ麺とうひち監修 鶏白湯らぁ麺」(270円)
  • 「京都らぁ麺とうひち監修 鶏白湯らぁ麺」(270円)

期待に胸を膨らませながらフタを開けてみる。麺はほんのり茶色をした全粒粉入り。さっそくお湯を注いで待つこと5分。ついに試食の時が来た!

【写真を見る】出来あがったラーメン。鶏白湯をベースに、魚介と白醤油タレを合わせた旨味の強いスープ
  • 【写真を見る】出来あがったラーメン。鶏白湯をベースに、魚介と白醤油タレを合わせた旨味の強いスープ

まずはスープを一口。鶏白湯ベースに魚介と醤油が入っていて、カップ麺とは思えないほど複雑な味わいが口いっぱいに広がる。鶏白湯なのにあっさりした、個性ある味わいが印象的。気になったので成分表示を見ると、チーズが入っているらしい。これには驚きだ!チーズは味を邪魔をすることなく、スープにマイルドさとコクをプラス。また、ラーメンを彩るピンクペッパーは、噛み潰せば口の中に変化を与えてくれる。

「あっさりしていておいしかったです!」
  • 「あっさりしていておいしかったです!」

前述の通り、麺は全粒粉入りの太麺。小麦粉に5%しか含まれない「ローストブラン」が使われているという。小麦粉の甘さと香ばしさが感じられ、食べ応えも十分。

「ラ―メンWalker東海」の編集者・伊藤も試食!

「カップ麺で全粒粉入りの麺を使っているのは珍しいですね!鶏白湯だけどさっぱりしているから、女性にもオススメできます。でも麺はモチモチで嚙み応えがあるから、総合して物足りなさは感じない」(ラ―メンWalker東海・伊藤)

このカップ麺は「らぁ麺 とうひち」の個性を生かしつつも、誰もが食べやすい一杯に仕上げられている。スーパーやコンビニで見つけたら、一度試してみては。

「京都らぁ麺 とうひち監修 鶏白湯らぁ麺」
発売日:2018年3月19日(月)
価格:270円

「東海ウォーカーWEB」で東海エリアの最新情報をチェック!

キーワード

[PR] おすすめ情報