ジャケ写がグロすぎて発禁! ビートルズ幻の貴重盤が甦る

バーの壁には、ビートルズのアルバムがズラリと並んでいる
  • バーの壁には、ビートルズのアルバムがズラリと並んでいる

誰もがその名を知っているビートルズ。数々の名曲を残し、今でも人気の高いビートルズだが、あまりにも過激なジャケット写真だったため発売禁止になった作品があるのをご存知だろうか? 通称“ブッチャー・カバー”。その幻のレコード巡る映画が現在公開中の『苦い蜜 消えたレコード』だ。

ブッチャー・カバーとは1966年にリリースされたアルバム「YESTERDAY ... AND TODAY」 のジャケット。ビートルズが発表したアルバムは全13枚といわれているが、実は他にも発売していながら公式に扱われていない作品がいくつかある。この「YESTERDAY ... AND TODAY」もその中の一つだ。白衣を着たメンバー4人が微笑みながらバラバラになった子供の人形と動物の肉片を持つという、グロテスクでショッキングなジャケット。ブッチャー(=食肉加工する人)という名がつくのも理解できる。このレコードは一度は発売されたものの、ファンから苦情が殺到し、そのほとんどが回収された。しかし、一部のファンが返品の要求を拒んだために、わずかながら世に出回ったままになったのだ。現在、ブッチャー・カバーの「YESTERDAY ... AND TODAY」の価格はプレミアがつき、その相場は今も上がっているらしい。

『苦い蜜 消えたレコード』ではこのブッチャー・カバーを巡る密室サスペンスを描いている。ビートルズマニアのオーナーが開いたバーのオープニングパーティーで、オーナーが集めたレコード14枚のお披露目が行われたが、ブッチャー・カバーだけが盗まれていた。オーナーはショックのあまりに倒れ、2ヵ月後に死亡してしまう。それから1年後。再び店の常連客たちが集まったある夜、一人の探偵が1年前のオーナーの死の真相を暴き始める。

ブッチャー・カバー以外にもビートルズのレコードが数多く登場する本作。ビートルズファンにはたまらない作品であることは間違いない。ビートルズをあまり知らない人でもビートルズを学びながら、スリリングな密室サスペンスをじっくり堪能できるだろう。【トライワークス】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報