年に一度収穫される“幻のコーヒー”が予約受付開始!今年は期間限定カフェも

“幻のコーヒー”「ブルボンポワントゥ」が今年はカフェでも楽しめる
  • “幻のコーヒー”「ブルボンポワントゥ」が今年はカフェでも楽しめる

UCCが、フランスのレユニオン島と共同で研究開発に取り組んできた“幻のコーヒー”「ブルボンポワントゥ」の4年目の収穫に成功、4月16日から2000セット限定の完全予約制で受付を開始した。

「ブルボンポワントゥ」とは、18世紀にフランス・ブルボン島(現レユニオン島)で発見され、その類まれな香りの高さと甘みのある風味から、文豪バルザックやルイ15世をも魅了したと言われるコーヒー種。1942年に生産が途絶えて以来、“幻のコーヒー”とされてきたが、同社が再生プロジェクトを組み、7年にわたる調査・研究の結果、本格的な収穫に成功した。2007年に日本市場で独占発売して以来、同年度に収穫したものを年に1回限りの数量限定で発売。毎年、予約開始日に申し込みが殺到するほど大好評を博している、希少価値の高いコーヒーなのだ。

今回は、パッケージにキャニスターとしても使える「ブルボンポワントゥ2010」のオリジナルゴールドプレミアム缶を採用。同品種の歴史や特長について紹介するブランドブックとオリジナルポストカード2枚を付属した2000セットを限定販売する。

また今年は、4月16日から17日(土)までの2日間、東京・六本木の「東京ミッドタウン」内アトリウムに、発売記念の期間限定カフェ「ブルボンポワントゥ・カフェ」が登場。同社が誇るコーヒーのスペシャリスト「UCCアドバイザー」が1杯ずつ丁寧にペーパードリップした「ブルボンポワントゥ」と、フランスの焼き菓子やミニリーフレットのセットが1050円で楽しめる。

年に一度しか収穫されない“幻のコーヒー”「ブルボンポワントゥ」。この機会に、あなたも楽しんでみては?【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報