アンジー、子供のために過激なアクション・シーンにも果敢に挑戦!

チャレンジ精神
  • チャレンジ精神

6児の母親になったアンジェリーナ・ジョリーが、子供たちのために以前にも増して過激なアクション・シーンにも果敢に挑戦していきたい、とエンターテインメント・ウィークリー誌のインタビューで語っている。

時には命を失うこともある過激なアクション・シーンに対しては、通常であれば、知名度が上がったり家族ができると保守的になるケースが多く、スタントマンを使っての撮影が増えてくるもの。しかし、既に撮影が終わっている新作『ソルト』や、現在イタリアで撮影中の『The Tourist』において、危険を伴う過激なアクション・シーンを要求される役どころに扮しているアンジーは、まったく正反対だ。

「おもしろいことに、子供ができてから、できる限り自分でアクション・シーンを演じようって思う気持ちが、今までの2倍くらい強くなったの。子供たちが、私のアクション映画が好きだから、子供たちのためにも自分でやりたいの」だそう。

「『ソルト』の撮影のときは双子を妊娠した直ぐあとだったから、肉体的な限界に追い込むには丁度いい時期だった」とも語っており、母親になったアンジーは、子供たちが喜ぶ限り、ますます過激なアクション・スターとしてファンを喜ばせてくれそうだ。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報