佐藤隆太は“親方”!? 把瑠都「佐藤さんはいい意味で変わらない人」(1/4)

NHK BSプレミアムにて放送中のドラマ「弟の夫」(毎週日曜夜10:00-10:50)が、3月18日(日)に最終回を迎える。

LGBTというテーマを扱いながら、どこか心がほっこりする内容が大きな話題を呼んでいる。

作中でも印象的な平屋のシーン。この撮影で互いの距離が縮まったという
  • 作中でも印象的な平屋のシーン。この撮影で互いの距離が縮まったという

同ドラマで主人公・弥一を演じる佐藤隆太と、その弟の結婚相手・マイク役の把瑠都にインタビューを行い、現場の雰囲気や互いの印象、作品の魅力を語ってもらった。

――把瑠都さんは初めての連続ドラマ出演ですが、オファーを受けた決め手を教えてください。

把瑠都:ドラマの話が来てから、1カ月くらい「楽しみ、やろう!」、でもマネジャーに電話して「あ、ごめん、やっぱり自信ないから無理」の繰り返しで。

結局やることになったんですけど、何でやることになったのか私にもはっきり分からないんです…。

――そこははっきり覚えてないですか?

把瑠都:でもこの作品はすごく深い話ではあるけれど、子供からお年寄りまで簡単に説明できるし…。あとはNHKさんっていうのも大きかったですね。絶対要らないことはやらせないですよね(笑)、NHKさんは。真面目だからね。それが一番大きかったですね。

――マイクのひげ面もすごい貫禄で…。

把瑠都:今日そったんですよ、朝そった。

――え、そうなんですか!?

佐藤:うそつけい!!(笑) 現場でも(把瑠都さんは)ずっとこんな感じで、楽しかったですよ。

把瑠都:なかなか大変でしたよ。もう昼の弁当とか食べられないんですもん! ひげがもじゃもじゃで、すぐ米とかいろんなものがくっ付いてしまって…。

佐藤:大変でしたよね。

把瑠都:あれはなかなか…。ひげを生やしている人はすごいな、って思いました。

――佐藤さんは把瑠都さんと初共演でしたが、把瑠都さんの印象はいかがでした?

佐藤:お芝居の経験があまりないということは、こういう(ドラマ撮影の)現場に参加した経験もないと思うのですが、とても人間力のある方なので、現場での振る舞いというか、例えば、タイトなスケジュールになる日もあったのですが、そこでみんなちょっと元気がなくなってきたかな、というのを感じたら、ユーモアを言って盛り上げてくれたり。

そういった意味では現場の経験が少ないなんてことは全く感じなかったですし、助けられた部分がむしろ多いですね。

お芝居は、作った表情じゃないというか、本当に内面からにじみ出てくるものを一瞬にして伝えられる、そういう力を持っていらっしゃる方だなと感じました。一緒にやっていてすごく楽しかったです。

――共演が把瑠都さんと聞いたときはいかがでしたか?

佐藤:それはやっぱりびっくりしましたね、正直。舞台に出ていらっしゃることをそのときはまだ知らなかったから、「え、把瑠都さんって芝居されてるの!?」みたいな(笑)。

把瑠都:できるの!?みたいな?(笑)

佐藤:というより、そもそもしてるんだ!?って、ちょっとびっくりしました。

でも、そんなことすぐ忘れていましたよ。さっき言ったこと(把瑠都の印象)があって。

濃密な時間ではありましたけど3話だけだったので、把瑠都さんがその気になるかどうか分からないですけど、長めの連ドラとかでもご一緒できたらうれしいです。これからが楽しみですね。

把瑠都が次にチャレンジしたい役は…?(2/4)
プレミアムドラマ「弟の夫」
毎週日曜夜10:00-10:50
NHK BSプレミアムにて放送

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報