若林正恭、日本代表級に諦めの悪い“激レアさん”登場に「激レア臭がするねー!」

沢村一樹、横澤夏子も「日本代表入りを諦めない」激レアさんに爆笑!
  • 沢村一樹、横澤夏子も「日本代表入りを諦めない」激レアさんに爆笑!

3月19日(月)夜11時15分から放送の「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)に、「国内外のあらゆるサッカーチームの入団テストに落ちまくっているけれどもどうしても日本代表入りを諦めない人」が登場。尋常じゃないほどの諦めの悪さが起こす奇跡の数々を紹介する。

今回の「激レアさん」は、シュッとした印象の日焼けしている25歳の男性、“マルヤマさん”。

小学1年生からサッカーを始め、小学2年生で見た2000年のシドニー五輪、サッカー日本代表の準々決勝敗北をとても悔しく思い「俺が日本代表になって日本を強くする!」と“お世辞にもうまいとは言えない実力”ではあったが決意したそう。

弘中綾香アナに「たった一つの能力」と言われてしまう“尋常じゃないほどの諦めの悪さ”を武器に、マルヤマさんのサッカー日本代表に入るための奮闘が始まる。

小学生では区の選抜にも入ることも出来ず、中学生の時は「付き合っていた彼女の方が足が速かった」と話すマルヤマさんは、15歳の時に「月謝さえ払えば入れる強豪チーム」に入ると、千載一遇のチャンスをつかみ、ブラジル留学を果たす。

キング・カズのようなトップ選手になると意気込み出発するが、爪痕残すことなく日焼けだけして元気に帰国。

失敗を重ねるたびにレベルアップし続けるマルヤマさんの諦めの悪さに、 若林正恭も「激レア臭がするねー!」と笑顔。

違う道から日本代表を狙おうと、アジアからヨーロッパまで国内外問わず入団テストを受けまくるが結果は落選ばかり。しかし、ついにチームと契約を結び、やっとサッカーだけで食べていけそうになった矢先、大事件がマルヤマさんに降りかかる。

なんと、それでも日本代表入りを諦めないマルヤマさんに、その後幾度もの奇跡が訪れ始める。そのメンタルと行動力に、「何かがすごい人だ!」と若林も思わずファンに。

「大好きな回になりました!」と若林が締めくくった、諦めない男が最後につかんだものとは、果たして何だったのか?

「激レアさんを連れてきた。」
毎週月曜夜11:15-0:15
テレビ朝日系で放送
※一部地域で放送時間が異なる

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報