青山テルマも恋するBIGBANGが、美女と共に逃避行!?

BIGBANGのV.Iと T.O.P(左・右)が映画初主演!
  • BIGBANGのV.Iと T.O.P(左・右)が映画初主演!

昨年、日本レコード大賞や日本有線大賞の最優秀新人賞を獲得し、快進撃を見せる韓国出身の5人組グループ、BIGBANG。人気歌手・青山テルマをはじめ、木下優樹菜、若槻千夏ら多くの芸能人がBIGBANGの大ファンを公言していることでも有名で、ポスト東方神起とも言える高い人気と実力を誇っている。

そんなBIGBANGのメンバー、T.O.PとV.Iが、なんと俳優として映画に初主演! その作品が、日本の有名脚本家と韓国のスタッフ&キャストがタッグを組んだ日韓合作プロジェクト“テレシネマ7”(5月29日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国公開)の中の1作品『19 Nineteen』。ヨンエという女性の殺人事件に巻き込まれ、容疑者とされた19歳の男女3人の逃走劇を、「白い巨塔」の井上由美子の脚本で描いた青春サスペンスだ。

T.O.Pは、ヨンエが死んだ日に一緒にいた大学生の恋人、V.Iはネットカフェでこっそりヨンエの姿を撮影した気弱な浪人生に扮し、ヨンエの同級生である美女と共に逃避行を繰り広げる。ふたりは容疑者にされ、誰からも信用されない若者の苦痛と心の成長を熱演したほか、T.O.Pはドキドキ感あふれるキスシーンも披露。さらに、劇中でT.O.PとV.Iそれぞれがオリジナルソングを歌うなど、俳優&アーティストとしての魅力がたっぷりで、ファンならずとも見逃せない。

実はこのふたり、演技の世界でも期待されている注目株なのだ。特にT.O.Pは、4月21日(水)からゴールデンタイムに放送される韓国ドラマ「IRIS −アイリス−」(TBS系)の主要キャストにも抜擢され、日本でも注目を集めること必至。どんな手段を使ってでも任務を遂行する冷酷で謎めいた殺し屋役で、主演のイ・ビョンホンらを相手に独特の存在感を放っているので、こちらも要チェックだ。

音楽界では既に高い評価を受けているBIGBANG。同じく韓国人アーティストのRain、SHINHWA、そして東方神起のように、俳優としてもブレイクなるか!?【トライワークス】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報