スザンヌの初主演映画「いぬばか」DVD化、出来を振り返って「100点!」と自信満々?

初主演映画「いぬばか」への思いを語ったスザンヌ
  • 初主演映画「いぬばか」への思いを語ったスザンヌ

スザンヌが初主演した映画「いぬばか」がDVD化され、4月21日(水)に発売。本人のイメージにぴったりの明るく天真らんまんなキャラクターを演じた彼女に話を聞いた。

本作は「月刊ヤングジャンプ」(集英社刊)で連載中の桜木雪弥による同名漫画の映画化。不思議な力でイヌと心を通わす“いぬばか”娘の宮内すぐり(スザンヌ)と飼い犬で雑種のるぱんが田舎から上京し、ペットショップで働きながら、顧客や店員たち、また彼らのイヌたちと交流を深めていくハートフルコメディーだ。

――映画初主演でしたが、振り返ってみて出来はいかがでしたか?

「初めての映画でしたから、るぱんや皆さんに支えられて…100点ですね!」

――とても高評価ですが(笑)、映画は初めてということで大変だったこともありましたか?

「そうですね。すべてが初めてのことで、どのカメラで撮られているかも分からず、リハーサルでできたことが本番でできなかったりと、スタッフさんにも共演者の方にも迷惑を掛けてしまいました。でもそんな中、わんちゃんたちが現場にたくさんいてくれたので、癒やされたし助けられたんです。特にるぱんにはとても助けられました。るぱんがOKだったのにわたしがNGを出しちゃって申し訳ないことの方が多かったくらいです」

――るぱんとは息の合った演技でした。

「撮影中以外でもずっと一緒にいたんですよ。るぱんはいわゆるタレント犬ではないので最初からなついてはくれなかったんですが、毎日一緒にいるうちにだんだん仲良くなり、おやつを持っていなくても呼べば来てくれるようになって。動物指導の方に『スザンヌちゃんがいてくれた方が言うこと聞いてくれるね』と言われた時はうれしかったですね。もう、るぱんの親のような気持ちでした」

――スザンヌさんはイヌ好きですか?

「好きではありますが、子どものころに飼っていたイヌを2年くらいで失ってしまった経験があるので飼うことには前向きではありませんでした。でもるぱんと出会ってまた飼いたいと思えるようになりましたね。現実的に言うと仕事があるので一緒にいられる時間は短いし飼うことはできませんが、いつかまた飼えたらいいなと思います」

――演じたすぐりについては、自分との共通点などは感じましたか?

「わたしも天真らんまんだと言われるので似ているのかな。ただすぐりはとっても素直で、男性と話すときも目をじーっと見詰めるしストレートに話しちゃうしと、わたしよりもずっと大胆ですね。わたしはそんなふうにはできないのでちょっとうらやましいです」

――ご家族には本作を見せましたか?

「はい! でも母は娘の初主演映画ということで緊張しちゃって、初めて見た時はストーリーが追えなかったと言っていました(笑)。ぜひこのDVDをお母さんにプレゼントして、ちゃんと見てもらいたいと思います(笑)」

――本作でスザンヌさんが最も感動したのはどんなところですか?

「わたしも経験があるんですが、やはりわんちゃんの方がどうしたって先に死んでしまう。そうしたシーンは悲しかったですね。一緒にいられる時間が短いからこそどれだけその時間を大事にできるか、愛情を持って接することができるかを考えなくちゃいけないんだと思います。先ほども話しましたが、子どものころ、2年くらいでわんちゃんを亡くした時は、人生で一番というくらい泣いたんです。もっと遊んであげればよかったって。愛情を注げばわんちゃんは必ず返してくれますし、わんちゃんを通して人とのつながりもできたりして勉強になることもある。いろいろな経験を与えてくれるわんちゃんとの暮らしを大事にして、いい思い出をたくさん作ろうと思っていただくきっかけにこの作品がなれたらいいなと思います」

――本作にはたくさんのイヌと飼い主さんが登場するシーンがありましたが、イヌはエキストラさんたちの飼い犬だったのだそうですね?

「そうなんです! 本当にたくさんの方が参加してくれて。皆さんがわんちゃんと仲良く接してる姿を見るときずなを感じて、ああいいな〜としみじみしてしまいました」

――「イヌは人間の良き伴侶」とも言われますが、スザンヌさんにとっての“伴侶”、大事なものは?

「何でしょうかね、欠かせないものというと…。わたし、意外に何もなくても平気なんです。この間、携帯電話を忘れた時も案外平気で1日を過ごせましたし…。だから、水? とか、食べ物とか…(笑)」

――必要最低限ですね(笑)。あまり寂しがり屋ではない?

「寂しがり屋と自分では思っていましたが、そうじゃなかったのかも(笑)。いや、でもペットは飼いたいですよ! 癒やされたいです(笑)!」

DVD「いぬばか」
4月21日(水)発売 5040円(税込)ポニーキャニオン

映画「いぬばか」公式サイト
http://www.inubaka-movie.com/

スザンヌ 公式ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/zannsu/

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報