今夏放送の新ドラマでオダギリ ジョーが国家捜査官を熱演

「時効警察」の三木聡監督と再びタッグを組むオダギリジョー
  • 「時効警察」の三木聡監督と再びタッグを組むオダギリジョー

ドラマ「時効警察」シリーズの三木聡監督が全話の脚本・演出を手掛け、オダギリジョーが主演を務める新ドラマ「熱海の捜査官」が、ことしの夏にテレビ朝日系で放送されることが分かった。

同作は、オダギリふんする洞察力抜群の国家捜査官・霧山修一朗が主人公のミステリー作品。3年前、スクールバスと共に失そうした4人の女子高校生が戻ってきたことで、新展開を迎えた事件の謎を霧山が解明していくうちに、その街に暮らす人々の心の闇が次々と明らかになっていく。「時効警察」シリーズ同様、癖のあるキャラクターたちによる、シュールな小ネタも満載となっている。

新ドラマの決定に、オダギリは「三木監督とまた作業できることをとてもうれしく思っています。時効警察から3年たって、三木監督も僕も多少熟成されたのか? というところで、これまでとは全く違う新しい作品になると思うので、今からとても楽しみです」と意欲を語った。一方、三木監督は「女性高校生4人を乗せたバスが行方不明。一体、この物量とバラバラとデタラメの混沌がどうなるのか、全く分かりません。そんな無責任な物語が熱海で展開されます!」と期待感をあおった。

「熱海の捜査官」
今夏スタート テレビ朝日系で放送

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報