故マイケル・ジャクソンが、シルクドゥ・ソレイユで甦る!

元気にしてた?
  • 元気にしてた?

今もなお、その死が惜しまれているマイケル・ジャクソンが、新サーカスとしてお馴染みのシルクドゥ・ソレイユで復活する、とParade誌が報じている。

マイケルの遺産の執行者が、モントリオールに本部を置くシルクドゥ・ソレイユの運営会社と共に、運営資金を半分づつ出資し、利益もそれぞれ半分分配することで合意に至ったもの。

マイケルの踊りや歌を基にした同ショーは異なる趣向で2作品が製作されることになっており、第1弾は2011年の秋から北米を縦断し、第2弾は2012年からラスベガスのMGMミラージュ・ホテルでお披露目される予定。執行者の一人の話によれば、「ファンも、このようなユニークな方法でマイケルの歌や姿を見ることができることを、喜んでくれると思います、第2弾のショーは、より演劇的で3Dや特殊撮影を施した“テーマパーク”のような画期的なショーになる」そう。

また、マイケルの母親も、「このような形で彼の歌や踊りに敬意を表していただけることを、家族一同とても喜んでいます」とコメントしている。死後、周辺のトラブルが耐えなかったマイケルも、さぞかし喜んでいるだろう。

シルクドゥ・ソレイユといえば、2003年から2007年に、ラスベガスのシーザーズ・パレス・ホテルで行われたセリーヌ・ディオンの常駐ショー“A New Day”を手がけて大成功を収めており、故マイケルが、同ショーとのコラボでどのように甦るのか、想像しただけでも楽しみだ。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報