京都 東本願寺 渉成園にて「あずきフェスタ」初開催!

 4月1日(日)から4月3日(火)までの3日間、真宗本廟(東本願寺) の飛地境内である渉成園にて「あずきフェスタ」が開催される。このイベントは、浄土真宗の宗祖・親鸞(しんらん)が好きだったと伝わる「あずき」をテーマとした食のイベントで、毎年恒例の「春の法要」に合わせて開催される。渉成園で「食」に関するイベントを開催するのは今回が初めて。

当日は「あずき」を使用した和菓子・洋菓子・パンなどを取り扱う京都近郊の人気店 9店舗が出店するほか、数量限定で「ぜんざい」のふるまいも行われる。

あずきを使用したお菓子・パン等の販売ブース

販売ブースでは、あずきを使用したお菓子を扱う京都近郊の人気店9店が大集合。各店の人気商品が楽しめる。(※入場無料)

「京都 吉兆」鯛赤飯 ※写真はイメージとなり、出店時と容器等が異なります
  • 「京都 吉兆」鯛赤飯 ※写真はイメージとなり、出店時と容器等が異なります

京都・嵐山に本店がある「京都吉兆」からは、鯛赤飯、水ようかん、甘納豆などを販売。

「都松庵」ぜんざいショコラ ※写真はイメージとなり、出店時と容器等が異なります
  • 「都松庵」ぜんざいショコラ ※写真はイメージとなり、出店時と容器等が異なります

あんこの魅力と可能性を、あんこの概念に囚われない発想から提案する、1950年創業の堀川通り沿いにある餡スイーツのお店「都松庵」からは、AN DE COOKIE、ぜんざいショコラ、ごじぶんで最中などを販売。

【写真を見る】「朽木まるきゅう」とち大福 ※写真はイメージとなり、出店時と容器等が異なります
  • 【写真を見る】「朽木まるきゅう」とち大福 ※写真はイメージとなり、出店時と容器等が異なります

京都・三条商店街に店舗を構える「朽木まるきゅう」からは、毎週火曜日にしか買えないという貴重なとち大福を販売。

「和菓子いけだ」丹波大納言 ※写真はイメージとなり、出店時と容器等が異なります
  • 「和菓子いけだ」丹波大納言 ※写真はイメージとなり、出店時と容器等が異なります

“五感で味わう京菓子”をコンセプトに季節の生菓子を中心に手作りしている京都・北大路「和菓子いけだ」からは、どらやきの丹波大納言などを販売。

「京菓匠 西谷堂」きんつば  ※写真はイメージとなり、出店時と容器等が異なります
  • 「京菓匠 西谷堂」きんつば ※写真はイメージとなり、出店時と容器等が異なります

種類豊富なきんつばが人気な、1892年創業の老舗和菓子店「京菓匠 西谷堂」からは、きんつば、ようかん、ぜんざいなどを販売。

「アルペンローゼ」粒あんぱん ※写真はイメージとなり、出店時と容器等が異なります
  • 「アルペンローゼ」粒あんぱん ※写真はイメージとなり、出店時と容器等が異なります

天然酵母100%、無添加で保存料を一切使わないパンを作っている、奈良に本店をおく「アルペンローゼ」からは、ヨモギあんぱん、小豆とさつまいものデニッシュなどを販売。

「Coffee 山川」シベリア ※写真はイメージとなり、出店時と容器等が異なります
  • 「Coffee 山川」シベリア ※写真はイメージとなり、出店時と容器等が異なります

京都・東山にある新しいコーヒーのスタイルを提案する、珈琲ショップ「Coffee 山川」からは、ようかんをサンドしたシベリアなどを販売。

「東本願寺 願生舎」小豆プリン ※写真はイメージとなり、出店時と容器等が異なります
  • 「東本願寺 願生舎」小豆プリン ※写真はイメージとなり、出店時と容器等が異なります

「東本願寺 願生舎」からは、あずきクランチ、小豆プリンなどを販売。

1708年創業のひとくち京菓子を一筋に作られてきた京菓子店「伊勢源六 たちばなや」からは、さくら餅・茶だんごセット、草もちセットなどを販売する。

あずきの豆知識パネル展示

そのほか、休憩スペースでは、兵庫県姫路市にある「あずきミュージアム」の協力のもと、あずきに関するパネル展示が行われる。明日から使える“豆”知識が盛りだくさんなので、こちらも要チェック!(※入場無料)

入園者には「ぜんざい」のふるまいも!

「渉成園」への入園者を対象に、各日午前と午後の2回、「ぜんざい」のふるまいが行われる(※各回先着100人限定、※入園は庭園維持寄付金(500円以上)が必要)

3月27(火)から4月9日(月)まで、渉成園の茶室「蘆菴」が特別公開

渉成園 2階建の茶室「蘆菴」
  • 渉成園 2階建の茶室「蘆菴」

真宗本廟(東本願寺)の飛地境内地の庭園で国の名勝にも指定されている「渉成園」。庭園内には個性的な建築が多く、通常建物内は非公開だが、今回、期間限定で2階建ての茶室「蘆菴」を特別公開する。蘆菴2階の窓からは、渉成園の春の景色が一望できる。

通常非公開の「蘆菴」を期間限定で特別公開
  • 通常非公開の「蘆菴」を期間限定で特別公開

春らしい粥膳も楽しめる!

渉成園で春の景色を眺めながら「粥膳」が楽しめる
  • 渉成園で春の景色を眺めながら「粥膳」が楽しめる

渉成園 閬風亭では、東本願寺におそなえしたお仏供(お仏飯)のお下がりを用いて調理した菜の花粥、炊き合わせ、香の物等を朱塗りの器に盛った本格的なお膳を楽しめる催しも同時開催。

初開催の「あずきフェスタ」に、春の時期の特別公開は今回初となる「蘆菴」など、春を楽しめるイベントがいっぱいの東本願寺に、ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか?

■春の渉成園 あずきフェスタ2018
期間:4月1日(日)~4月3日(火)
会場:京都 真宗本廟(東本願寺) 渉成園(枳殻邸)
住所:京都府京都市下京区下珠数屋町通間之町東入東玉水町
電話:075-371-9191(真宗大谷派宗務所総務部(広報))
時間:9:00~16:30(予定)
料金:入場無料
   ※販売ブースとパネル展示エリアの入場は無料。
   ※渉成園内への入園は、庭園維持寄付金(500円以上)が必要。

■春の渉成園 蘆菴特別公開
期間:3月27日(日)~4月9日(月)
会場:京都 真宗本廟(東本願寺) 渉成園(枳殻邸)
住所:京都府京都市下京区下珠数屋町通間之町東入東玉水町
電話:075-371-9191(真宗大谷派宗務所総務部(広報))
時間:9:00~17:00(受付は16:30まで)
料金:500円(※庭園維持寄付金として)
   ※500円以上を納めていただいた方にはガイドブック進呈
   ※蘆菴への入室は別途500円が必要。(1日限定500人)

■春の渉成園と粥膳
期間:4月1日(日)~4月3日(火)
会場:京都 真宗本廟(東本願寺) 渉成園 閬風亭
住所:京都府京都市下京区下珠数屋町通間之町東入東玉水町
電話:075-371-9210(真宗大谷派宗務所本廟部)
時間:4月1日・3日《1回目》 11時40分~《2回目》 12時40分~
   4月2日   《1回目》 12時~  《2回目》 13時~
料金:1,800円(※冥加金として)
定員:各回120人

※詳細は、WEBページ参照
HP:http://www.higashihonganji.or.jp/houyou/shoseien_event.html

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報