キーファー、噴火足止めの間にランジェリーショップでお買い物

「見られちゃったか〜」
  • 「見られちゃったか〜」

アイスランドの火山噴火の影響で世界中の旅行客が足止めを余議なくされているが、欧州空路の乱れのためロンドンから帰国できなくなったキーファー・サザーランドは、ランジェリーショップでセクシーなお買い物をするなどして足止め生活をエンジョイしていたようだ。

ピンクの外装のランジェリーショップ内部にいるところをパパラッチされたキーファーは、赤や黒のレースのランジェリーを着たマネキンが並ぶウィンドウの向こう側で、ガラスのテーブルの上にディスプレイされたストッキングをじっと見つめている。

キーファーが撮影されたのは、ロンドン市内のコベントガーデンにあるMiss Lala's Boudoirというショップ。英国デイリー・メイル紙が伝えるところによれば、キーファーは3本ストラップのついたセクシーなハイヒールを買って行ったという。

「彼は店の隣にあるホテルに泊っていたんですよ。帰国する前に恋人へのプレゼントを買うため入って来られたのでしょう」と同紙に店長は語っている。

新作映画『Twelve』のプロモーションで英国を訪れていたキーファーは、噴火による空路規制のためにロンドンで足止めを食っていたそう。ストリップクラブの前で半裸泥酔写真を撮られたり、ランジェリーショップで買い物をしたり、思う存分ロンドンを満喫してプライベート・ジェットで米国に向かったようだ。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報