菊川怜は宇宙旅行に意欲タップリ!「ロスト・イン・スペース」ジャパンプレミアに“ロビンソン一家”が勢ぞろい

けん玉をプレゼントされて大喜びのマックスウェル・ジェンキンスと菊川怜
  • けん玉をプレゼントされて大喜びのマックスウェル・ジェンキンスと菊川怜

60年代に人気を博したテレビシリーズ「宇宙家族ロビンソン」を、現代に蘇らせたNetflixオリジナルドラマ「ロスト・イン・スペース」のジャパンプレミアが3日、表参道ヒルズのスペースオーで開催。来日中の “ロビンソン一家”の5人を日本のスペシャルゲストが歓迎した。

本作は今から30年後の未来を舞台に、新天地を求めて宇宙を旅するロビンソン一家のアドベンチャーが描かれる。突然宇宙船が軌道から外れる事態に遭遇した彼らは、目的地から遠く離れた見知らぬ危険な宇宙でサバイバルを余儀なくされることに。

ロビンソン一家の父ジョンを演じたトビー・スティーヴンスは本作のテーマについて「家族」だと明言。「いかにサバイバルできるかと同時に、家族として生き延びることができるのか。そして様々な問題を解決していくことができるかが重要なポイント」だと明かす。

一方で母モーリーンを演じたモリー・パーカーも「SFであって最高のアドベンチャー。その中心にあるのは現代的な家族な葛藤なので、それをリアルに感じていただければ嬉しい」とコメント。さらにジョンとモーリーンの子供を演じた3人については「抜きん出た才能を持ってる3人と家族として仕事ができたことが光栄」と笑顔で絶賛した。

長女ジュディ役のテイラー・ラッセル、次女ペニー役のミナ・サンドウォール、そして末っ子ウィルを演じたマックスウェル・ジェンキンスの3人の子どもたちは、撮影時の裏話や日本でのエピソードをそれぞれ語る。テイラーは「いろんな場所で撮影ができた」と、カナダのバンクーバーで行われた撮影について語り「多少CGが施された部分があるけど、画面に映る多くのものが実際にあったものなんです」と、本作のリアリティの高さをアピールする。

そんなロビンソン一家の前に、日本からのスペシャルゲストとして菊川怜と「男劇団 青山表参道X」の栗山航と村上由歩、そしてお笑いコンビ「NON STYLE」の石田明と井上裕介が登場。第1話を観た菊川は「生き残っていく姿を観て、いろんな感情がいっぱいになった」と興奮冷めやらぬ様子でコメント。

そして「もし自分が宇宙で迷子になったら?」と訊ねられた菊川は「すぐ諦めてしまうと思う」と即答。「今のうちから近い将来、宇宙に行くことに備えて勉強していこうかな」と、劇中で物理学や地学などを学んでいくマックスウェルに「あとで教えてください」と語りかけると、マックスウェルは笑顔で快諾した。

「ロスト・イン・スペース」は、4月13日(金)よりNetflixで独占配信される。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報