ローソン“エヴァ旗艦店”異例の人出により急遽終了決定

予想以上の反響により急遽4月25日16:00で終了が決まった「第3新東京市店」(ローソン箱根仙石原店)
  • 予想以上の反響により急遽4月25日16:00で終了が決まった「第3新東京市店」(ローソン箱根仙石原店)

4月23日、箱根に登場したローソンの“エヴァ旗艦店”が渋滞など予想以上の大混雑により、当初5月17日(月)までの開催だったところを、4月25日(日)の16:00をもって急遽終了することが分かった。

綾波レイやアスカの巨大ポスターが張り巡らされた店内や限定グッズなど、店内丸ごと“エヴァ化”した「第3新東京市店」(ローソン箱根仙石原店)。オープンするや否やネット上で大きな話題となり、土日合わせ数千人が店内に押し寄せたという。

今回の中止の理由は、同店までの道路が一本しかなく大渋滞が起こったことや、それに合わせて周辺が大混雑に陥ったこと。この企画の担当者も「ご用意しておりました駐車場の不足などから、激しい道路渋滞や深夜の騒音が発生しました。今後、ゴールデンウィークの連休に向けて更に多数のお客様のご来店が予想され、混乱を回避するため企画の中止を決断いたしました。近隣にお住まいの皆様や周辺宿泊施設をご利用の皆様には、大変なご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません」とコメント。ローソン側も苦渋の決断だったようだ。

また、「第3新東京市店」から徒歩5〜6分の場所にある「旧仙石原中学校」のグランドでiPhoneの専用アプリを使い、“約80mの初号機”が見られるというサービスも合わせて中止。こちらは、平日だけのサービス予定だったが、今回合わせて中止することを決定した。iPhoneのARを使った新しい試みだっただけに、担当者も肩を落としているという。

GWに行こうと予定していた人や、このためにiPhoneを手に入れた人には本当に残念なニュースだが、それだけエヴァの人気が高いことを示した結果だろう。ちなみに、本日25日16:00以降は、通常のローソンに戻り営業は続けて行うという。詳細は、ローソンのホームページ(http://www.lawson.co.jp/)にも掲載。 【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報