スカヨハとグウィネス、記者会見にグレーのドレスで現れ犬猿の仲を強調!?

セクシーすぎてごめんなさい
  • セクシーすぎてごめんなさい

5月7日から全米公開される『アイアンマン2』の記者会見が、23日にロサンゼルスで行われ、主演のロバート・ダウニー・Jr.、グウィネス・パルトロー、スカーレット・ヨハンソン、ミッキー・ローク、そしてジョン・ファブロー監督など豪華キャストが勢ぞろいした。

グウィネスは、同作の撮影中に続編からキャスト入りしたスカーレットばかりがチヤホヤされていることにオカンムリで、犬猿の仲だったと言われているふたりだが、この日はともに地味目のグレーの膝丈のドレスに身を包んで登場。何も問題がなければ“気が合うふたり”という見方もできるが、通常はバッティングを避けるためある程度事前の話し合いがあるそうで、周囲は唖然とするとともに、ふたりがまったくコンタクトを取っていないことが、改めて証明される形となった。

それについて米テレビ番組インサイダーに関係者が語った話では、「今作のもっぱらの話題は、黒いキャットスーツに身を包んだスカーレットのボディであることは言うまでもありません。グウィネスもそれをわきまえていて、炸裂ボディのスカーレットと競っても仕方がないと考え、大人の魅力でシットリと決めようと思ったんです。スカーレットも、周囲のうわさを知っていて他のベテラン俳優たちを差し置いて目立つことがないように控えめにしたのでしょうが、かえって逆効果になってしまった」ようだ。

というのも、同色の同じような形のドレスを着た場合、本人が持ち合わせている顔や雰囲気、ボディラインが比較しやすくなるからだ。グレーという地味な色の服を着ていてもスカーレットのくびれたボディラインと豊満な胸元は健在で、一方のグウィネスは、スレンダーな魅力より貧弱な体型が強調されることに。ふたりは、図らずもますます犬猿の仲になりそうだ。【NY在住/JUNKO】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報