「僕らのいろんな気持ちが詰まっている」 映画「クソ野郎と美しき世界」ついに公開!(1/2)

稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾「本当に幸せ」

稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が主演する映画「クソ野郎と美しき世界」が4月6日に初日を迎え、都内の映画館で舞台あいさつが行われた。稲垣、草なぎ、香取に加えて、稲垣主演のエピソード1「ピアニストを撃つな!」で監督&脚本を務めた園子温、香取主演映画のエピソード2「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」の監督&脚本の山内ケンジ、草なぎ主演のエピソード3「光へ、航る」の監督&脚本の太田光、クソ野郎★ALL STARS出演のエピソード4「新しい詩(うた)」で監督&脚本を務めた児玉裕一が登壇した。

無事に公開初日を迎え、晴れ晴れしい表情の3人。稲垣は「今日は3人で盛岡から出発して仙台と福島と宇都宮と、そして今この東京に来ました。今日は楽しいひとときを過ごしましょう」と先陣を切って挨拶。

草なぎは「嬉しいです、みなさんにここで会えて」とまず観客に伝えつつ「公開のこの日を迎えることができて本当に幸せに思ってます。僕らのいろんな情熱とか溢れんばかりの気持ちが詰まっている作品なので、ぜひとも皆さん楽しんで受け取ってください」と力強いメッセージ。

香取は「本当に幸せな映画に参加できて、皆さんの素敵な才能が集まってスパークしている作品なので、一人でも多くの方に見ていただきたいです。よろしくお願いします!」と語った。

「エンディング曲の歌詞にも注目してもらいたい」と稲垣
  • 「エンディング曲の歌詞にも注目してもらいたい」と稲垣

同作完成の折には草なぎ、香取と一緒に試写を観たという稲垣は「他の2人の作品は知らなかったので、観客になった気分で観させていただいて、本当に素晴らしかったですね。やっぱり皆さんと僕らの記念すべきメモリアルとなる作品なので、嬉しい気持ちでいっぱいになりましたし、それを今から見ていただくというのは夢のようです」とコメント。

草なぎも「エピソード4まで本当にうまく繋がっていて、これだけ個性豊かなキャストと監督さんがよくこんなに1つになったな、と。ほんとうにここでしか集まれない一期一会の作品だな、と思って…」と感慨深く語っていると、草なぎ出演作で監督を務めた太田光がなにやらぼそぼそ。草なぎは、「ほんとうにいい映画だな――、って、えぇ?なんですかちょっと?(笑)いま僕一生懸命喋ってますから、真面目なこと言ってるんですよ」とツッコむと、「イチゴって言ったから『もぐもぐタイム』かなーっと思って」と太田。香取も思わず「一期一会からもぐもぐタイムって…」と乗ってしまうと、「そだねー!」と、もはや“太田ワールド”な展開。しかし草なぎは太田を軽妙にいなしながら「…あのー、こんな人が(監督)やってますけど、ものすごい今の僕らの映画に対しての情熱だとか、もういろんな溢れんばかりの情熱がスクリーン通して皆さんに伝わると思うので、ぜひともその気持ちをたくさん拡散してください」とアピールした。

「僕らの溢れんばかりの情熱がスクリーン通して皆さんに伝わると思う」と草なぎ
  • 「僕らの溢れんばかりの情熱がスクリーン通して皆さんに伝わると思う」と草なぎ
稲垣のシャワーシーンなど、3人の見たことない姿が!?(2/2)
  • 1
  • 2
「クソ野郎と美しき世界」4月20日まで公開中
エピソード1「ピアニストを撃つな!」監督&脚本=園子温、出演=浅野忠信・満島真之介・馬場ふみか、でんでん、神楽坂恵、野崎萌香、冨手麻妙、スプツ二子!/稲垣吾郎
エピソード2「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」監督&脚本=山内ケンジ、出演=中島セナ・古舘寛治/香取慎吾
エピソード3「光へ、航る」監督&脚本=太田光、出演=尾野真千子、新井浩文、健太郎/草なぎ剛
エピソード4「新しい詩(うた)」監督&脚本=児玉裕一、出演=クソ野郎★ALL STARS出演

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報