“銀魂”の主人公・銀ちゃんに女性たちが熱狂する理由って?

今回の劇場版はテレビアニメ化もされた人気エピソード「紅桜篇」を再構成したもの
  • 今回の劇場版はテレビアニメ化もされた人気エピソード「紅桜篇」を再構成したもの

現在公開中の『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』は、空知英秋原作『銀魂』(週刊少年ジャンプ連載中)の初の劇場版だ。3月いっぱいで好評だったテレビアニメが終了し(現在は人気エピソードを再放送中)、ファンにとって楽しみがひとつなくなってしまったが、この度待望の劇場版が公開された。さらに、興収ランキングでも、先週末公開作の話題作『タイタンの戦い』を上回り、初登場4位の快挙。

一見、幕末風ではあるが、天人(あまんと)と呼ばれる異星人の襲来で、街には高層ビルが立ち並び、テレビに携帯電話、バイクなど現代にも通じるアイテムが多数登場する摩訶不思議な世界観を持った本作。少年ジャンプのアニメ化作品というと、昔は『ドラゴンボール』や『北斗の拳』、最近では『ONE PIECE』など、若年層やサラリーマンといった男性陣から熱い支持を受けている作品が多いが、本作は主婦や女性陣から評判だといわれる。では、どんなところがウケているのだろうか。その理由を今回の劇場版の宣伝関係者に聞いた。

「主人公の銀ちゃんのキャラクターが魅力的なんですよ。松田優作が演じた『探偵物語』の主人公・工藤俊作と、国民的映画シリーズである『男はつらいよ』の主人公・寅さんをミックスさせたような、ダンディで人情深いところがいいんですよね。汚い言葉もはくけど、そこが人間味あふれていて」とのこと。確かに、愛車がスクーターで探偵的な仕事もこなすところは工藤的であり、言葉は汚いが人情深くて世捨て人なところは寅さんのようだ。

「彼の存在に加え(サブキャラも含め)、作品全体に漂う哀愁感もポイントなのではないでしょうか」とも。原作やアニメでは日本人ならではの浪花節的な人情話も多く語られ、大人の鑑賞に堪えられる作品であることも大きな理由。女性から支持を受けているといったものの、性別や年代を問わず人気を集めており、作風は違えども、『ルパン3世』と共通するようなところもあるようだ。熱血然としたこれまでのジャンプキャラとは一線を画す銀ちゃんの活躍をぜひその目で見てほしい。【トライワークス】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報