いしだ壱成がピエロ男に!?あの大ヒットホラー映画を彷彿させる殺人鬼を怪演!

近年、タレントとしてバラエティ番組などで活躍するほか、24歳年下の女優と再々婚を発表するなど公私共に絶好調ないしだ壱成。そんな彼が昨年大ヒットを記録したあのホラー映画を彷彿させる殺人鬼を怪演する!

【写真を見る】いしだ壱成が山奥のキャンプ場に現れた白塗りの殺人鬼を怪演する
  • 【写真を見る】いしだ壱成が山奥のキャンプ場に現れた白塗りの殺人鬼を怪演する

4月14日(土)公開の映画、『それ~それがやってきたら…』がいしだが出演する作品なのだが、タイトルに思わず苦笑してしまう人も少なくないはず。小学生の男女6人と引率のボランティアの女性たちが山奥のキャンプ場を訪れる。都会育ちの彼らは初めて見る大自然に興奮するが、そんな彼らの前に正体不明の殺人鬼が現れたことから、彼らは恐怖に陥れられる…。

いしだ壱成であるかどうかすらわからないほどの恐ろしい顔!
  • いしだ壱成であるかどうかすらわからないほどの恐ろしい顔!

ナイフのような鋭利な刃物を手にした、いしだ演じる白塗りの男は見るからに不気味だが、心なしかそのメイクは本家に比べると雑に感じるところがなんともユニーク。ホラー映画につきものの美女はというと、元SKE48の平松可奈子に魔界人アイドルとして人気の椎名ひかりと、こちらは役に不足はないので、彼女らの絶叫ぶりにも注目だ。

昨年大ヒットしたあのホラー映画を彷彿させるが…?
  • 昨年大ヒットしたあのホラー映画を彷彿させるが…?

一見、チープなムードが漂うものの、監督の沖田光はホラー映画を得意としているだけに手堅い演出ぶりも見もの。果たしていしだ演じる殺人鬼は本家を超える恐ろしさを発揮できているのかどうかは、ぜひその目で確認してほしい。

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報