中川大志 連載開始の意気込みは「廃虚を撮りに行きたい!」

週刊ザテレビジョンで連載をスタートさせた中川大志が意気込みを語った
  • 週刊ザテレビジョンで連載をスタートさせた中川大志が意気込みを語った

中川大志が、4月18日(水)発売の週刊ザテレビジョンで連載をスタート! 早速、連載への意気込みを語った。

「初めまして、中川大志です。このたび週刊ザテレビジョンで連載をさせていただくことになりました! 今回は第1回ということで、まずは自己紹介をしたいと思います。

自分を分析すると…小さなことでも一度やると決めたことは貫きたいタイプ。例えば『掃除をしよう!』と思ったら、夜中でも全部片付くまでやっちゃうんです。忙しければ忙しいほどリセットしないと集中できない方なので、『今だ!』と決めたらとことんやります。と言いながら、スイッチが入らないときはマイペースにのんびり。休みができたら、誰と会ってどこに行って何をしようかなって、普段から考えているんですけど、実際に休みになると、結局、寝ちゃう…みたいなところがありますね(笑)。 

そして、昔からカメラが趣味で2年くらい前からはフィルム写真を撮り始めました。その場で仕上がりが見られないからこそ、現像する瞬間は『何が写っているんだろう』と毎回ワクワクするんです。主に撮るのは人物。あと、星の写真も好きで冬の夜にめちゃくちゃ着込んで河川敷へ行って、一人でひたすら撮影をすることもあります。

今後は連載でも僕が撮った写真を毎号掲載する予定。星と夜景以外に景色を撮ることがほぼないので、今までとは違う風景写真や自撮りを載せられたらと思っています! 機会があれば、廃虚の写真を撮りに行く企画もやってみたいな。あと、物を作ることが好きなので、何かDIYっぽいことに挑戦するのもいいですね。木を切ったり、削ったり、色を塗ったり…。そうだ、本気の家具作りもやってみたい!

連載での夢はいろいろありますが、間もなく20歳を迎える僕のルーツをたどったり、初めてのことに挑戦したりしながら、新たな顔をお見せできたらと思っています。皆さん、これからよろしくお願いします!」


キーワード

[PR] おすすめ情報