菅田将暉&橋本環奈の続投決定に小栗旬も大満足!『銀魂2(仮)』のキャラビジュアルがお目見え

『銀魂2(仮)』でも万事屋の3人が揃う!
  • 『銀魂2(仮)』でも万事屋の3人が揃う!

累計発行部数5500万部を超えた空知英秋の超人気コミックを福田雄一監督が映画化し、誰も予想しなかった大ヒットを記録した『銀魂』(17)。2017年実写邦画年間No. 1という称号を授かったことで調子に乗り(?)、はやくも製作された続編『銀魂2(仮)』から最新情報が到着した。

昨年12月に行われた「ジャンプフェスタ2018」において、主人公・坂田銀時を小栗旬が続投することと、前作で武市変平太役を演じた福田雄一監督作品の常連、佐藤二朗が異なる役で続投することが発表された本作。そのとき「俺の役は間違いなく神楽だ!」と自信満々に語っていた佐藤。

しかしこのたび発表されたキャスト情報では、大方の期待通りに神楽役を橋本環奈が、志村新八役も菅田将暉が続投することが決定。2作目だけに「ピースポーズ」という、万事屋の3人のマイペースさが発揮されたキャラビジュアルも到着した。

すでに今月上旬にクランクアップを迎えた本作。菅田と橋本の続投に小栗は「2人とはずっと連絡を取り合っていたので、久しぶりに会った感じはしませんでしたね。僕の中では可愛い弟と妹みたいな感じです」と、万事屋3人の中の良さをうかがわせる喜びのコメント。

昨年『銀魂』とは正反対の演技を披露した『あゝ、荒野』(17)で国内の映画賞を総なめにした菅田は「前作とは比べ物にならないほど小栗さんの自由度が上がっていて、本当に楽しそうでした」とリラックスした撮影現場の様子を明かす。

一方で橋本も「笑いのハードルが上がってきていることを強く感じて、色々なシーンの表情をすごく練習して撮影に入りました!」と、前作以上に“1000年に1人”の殻を破った演技を見せてくれることを予感させるコメント。彼らの息ぴったりのコントのような掛け合いに期待が膨らむ。

そして、メガホンをとる福田は「前作から引き続きのメンバーに加え、ずっとご一緒したかった役者さんにも来ていただいて本当にすごい映画になった」と語っており、未発表のキャスト陣が気になるところ。個性豊かな顔ぶれの再演や新たな俳優の参戦、そして佐藤二朗は一体どんな役で出演するのか。

また「紅桜篇」が中心に描かれた前作から一転して、本作では何篇が描かれるのかにもファンは注目していることだろう。キャスト情報や正式タイトル、ストーリーなどもまだ謎のベールに包まれた本作。続報を楽しみに待ちたい。『銀魂2(仮)』は8月17日(金)から公開される。

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報