“第2の壇蜜”を性の奴隷に堕とす!高学歴女子を調教するSM男優の正体は?(1/2)

主演を務めた壇蜜がブレイクするきっかけとなった、2012年公開の映画『私の奴隷になりなさい』から6年、その続編として第2弾『ご主人様と呼ばせてください~私の奴隷になりなさい・第2章~』と第3弾『おまえ次第~私の奴隷になりなさい・第3章~』が今夏、続けて公開される。

【写真を見る】濡れた瞳に、艶やかな白い肌…“第2の壇蜜”が性の限界を突破する!
  • 【写真を見る】濡れた瞳に、艶やかな白い肌…“第2の壇蜜”が性の限界を突破する!

サタミシュウの原作は「私の奴隷になりなさい」「ご主人様と呼ばせてください」「おまえ次第」からなる3部作で、ご主人様と奴隷の“支配と隷属”が人を成長させるというテーマが繰り返し描かれている。第2弾、第3弾にそれぞれヒロインが存在するが、第2弾のヒロインを、かつて女優として活躍した母親に憧れ、見事オーディションで役を射止めた早稲田大学卒業の才女・行平あい佳が務めることは既報の通り。

この定規で、一体どんな責め苦を与えようというのか…!?
  • この定規で、一体どんな責め苦を与えようというのか…!?

そして、2作連続で女性たちを調教する“ご主人様”として、ヒロインとW主演を務めるのは、期待の演技派俳優・毎熊克哉だ。『ケンとカズ』(16)でのリアルな演技が注目を集め、同年の毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞ほか、3つの映画賞新人賞を受賞。その後も『全員死刑』(17)や『北の桜守』などで演技力を発揮している。

そんな新進気鋭の毎熊が本作で演じる役は、何人もの女性たちを奴隷として調教するSM関係の“ご主人様”。今までにない、映画の半分近くは裸で登場するという、男優としても体当たりの役柄を演じきったということで、彼がどのように女性たちを調教していくのか、毎熊の確かな演技力で表現される“究極の愛の物語”に期待したい。

コメント全文と、更なる過激写真は次のページでチェック!(2/2)
  • 1
  • 2

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報