“つけ耳”姿を堂々披露の永野芽郁、弱点はカメ?【朝ドラの裏側をのぞきたい!(6)】(1/2)

第3週に突入した連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。

4月16日(月)放送の第13回では、高校3年生になったヒロイン・鈴愛(永野芽郁)や、律(佐藤健)ら同級生たちの日常が描かれた。

4月16日(月)放送の第13回で、鈴愛(永野芽郁)が“つけ耳”姿を披露
  • 4月16日(月)放送の第13回で、鈴愛(永野芽郁)が“つけ耳”姿を披露

“日常”とは言っても、左耳を失聴した鈴愛がそれを補うために“つけ耳”をつけたり、「私の左耳はなんのためについとる? 聞こえんのに」と言う鈴愛に、律が「…かわいいからついてるんやないの?」と返したりと、見どころ満載。

そして、“謎のイケメン”トオル役で、劇団EXILEの鈴木伸之も登場した。脚本の北川悦吏子も、自身のTwitterで「すっごい、いい味出してますよ」と絶賛している。

永野芽郁、カメに涙目!?(2/2)
  • 1
  • 2
連続テレビ小説「半分、青い。」
毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか
NHK総合ほかで放送

◆連続テレビ小説「半分、青い。」のニュース記事まとめはコチラ!◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

[PR] おすすめ情報