ガンダム登場シーンがひと足先にお目見え!『レディ・プレイヤー1』でスピルバーグの日本愛が炸裂

『レディ・プレイヤー1』からガンダム出陣シーンが到着!
  • 『レディ・プレイヤー1』からガンダム出陣シーンが到着!

世界屈指のヒットメーカー、スティーブン・スピルバーグ監督が送る、今まで誰も見たことのない脅威のエンターテインメント『レディ・プレイヤー1』(4月20日公開)。全米では早くも興行収入1億ドルを突破し、世界各国でも軒並み初登場No. 1を獲得している。

いよいよ今週末に公開が控える日本でも大旋風を巻き起こすことが期待される本作から、日本人キャスト・森崎ウィンが日本の人気アニメ「機動戦士ガンダム」のRX-78-2ガンダムに変身する胸アツ映像が到着した。

森崎演じるトシロウが「俺はガンダムでいく!」とVRゴーグルを装着する場面から始まるこの映像。VRワールド[オアシス]の中でのトシロウのアバター、ダイトウが空中に浮かぶ戦闘機から一気にダイブ。すると空中で回転するダイトウがみるみるうちに連邦の白いモビルスーツ・ガンダムへと変身するのだ。

ガンダムが登場するシーンは、劇中で繰り広げられる壮絶な争奪戦のハイライトとも言える重要なシーン。とくに注目すべきは森崎が叫ぶ日本語のセリフ。劇中で登場する唯一の日本語セリフとなっているようで、もともとは英語のセリフだったものを、撮影中に突然スピルバーグが「このセリフは日本語で行こう」と言い出し、実現したのだとか。

しかも映像をよく見るとダイトウの顔は、黒澤明監督の映画などでおなじみの名優・三船敏郎にそっくり。他にも劇中にはキティちゃんや「ストリートファイター」の春麗とリュウなど、スピルバーグが日本へ向けた愛とリスペクトがふんだんに込められている。

「僕はこの映画に登場する日本のカルチャーが大好きなんだ。『AKIRA』のオートバイや、ガンダムなど。僕はそれらを讃えたかったんだ」と語るスピルバーグ。世界の映画界をリードする巨匠から日本へ向けたラブレターともいえる本作に込められた想いを、是非とも劇場で受け止めていただきたい。

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報