サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

いくつわかる? バートン監督『9(ナイン)〜』は名作オマージュ満載

荒廃した世界には機械獣がうようよ。元ネタは『エイリアン2』のエイリアンだが、本家よりかなりキュート!?
  • 荒廃した世界には機械獣がうようよ。元ネタは『エイリアン2』のエイリアンだが、本家よりかなりキュート!?

現在『アリス・イン・ワンダーランド』が大ヒット公開中のティム・バートン監督がプロデュースを務めた話題作『9(ナイン)9番目の奇妙な人形』が、5月8日(土)に公開される。

本作は、人類滅亡後の世界に生まれた9体の麻の人形が、機械獣と戦いながら自分たちがなんのために生まれたかを探っていくファンタジー。少し不気味ながら愛らしくもあるキャラクターやダークな世界観は、バートンの世界観にも通じているもの。だがその一方で、あちらこちらのシーンで、たくさんの映画へのオマージュが捧げられているのも見逃せない。

たとえば、背中に1から9までの番号をつけた9体のキャラクター。大きな体に愛嬌のある表情が印象的な“8”は、『ゴーストバスターズ』(84)のマシュマロマンを思わせるし、“3・4”の双子は『スター・ウォーズ』シリーズ(78〜05)のR2D2と同じく、体の中にプロジェクターを完備している。さらに、人形たちがヘルメットに隠れて逃げるシーンでは、あのスタンリー・キューブリックの傑作『フルメタル・ジャケット』(87)を引用しているし、機械獣に魂を吸い取られるシーンは『ポルターガイスト』(82)というマニアックぶり。

ほかにも『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』の氷の惑星のマシンをなぞらえたものや、『猿の惑星』(68)のラストシーンをイメージした、自由の女神ならぬキューピー人形、『エイリアン2』(86)のエイリアンが人形たちを襲う機械獣に模されていたり、コウモリのマシンは『バットマン』(89)からなど、数々の名作アイテムが盛り込まれていたりとトリビア満載だ。

相当の映画好きと思しき監督は、新鋭シェーン・アッカー。UCLAの卒業制作作品がアカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされ、これを見たバートン監督から「僕が観た中でもっとも驚異的な11分間だった」といわしめ、長編化にこぎつけたのがこの作品。ふんだんに名作へのオマージュを盛り込み、映画への愛を示したわけだ。さらに影響された作品として監督があげたのは、『AKIRA』(88)をはじめ、『ロスト・チルドレン』(96)、『未知との遭遇』(77)、『北北西に進路を取れ』(59)、『28日後…』(02)、『ウォーターシップダウンのうさぎたち』(79)など。1本でこれだけの名シーンが楽しめるなんて、ある意味贅沢な映画! さあ、あなたはどれだけわかる?【トライワークス】

■「5月9日(日)は“9(ナイン)”の日」
『9(ナイン)9番目の奇妙な人形』のオリジナル短編を1日限定で同時上映
日時:5月9日(日)すべての上映回
場所:新宿ピカデリー
※通常料金での上映となります

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報