スピルバーグ監督が来日!ゴジラを前に「『ジュラシック・パーク』は『ゴジラ』を基につくった」と告白

キャスト陣とそろってフォトセッション!
  • キャスト陣とそろってフォトセッション!

最新作『レディ・プレイヤー1』(4月20日公開)を引っさげて、世界的巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が13年ぶりに来日。4月18日にはタイ・シェリダン、オリビア・クック、森崎ウィンとともに歌舞伎町シネシティ広場で開催されたジャパンプレミアに出席し、約500人のファンから大歓声を浴びた。

本作は、アーネスト・クラインのベストセラーを映画化したSFアドベンチャー。主人公たちが、何にでもなれるVRワールド“オアシス”の覇権をめぐって冒険を繰り広げる姿を描く。スピルバーグ監督の来日は2005年の『宇宙戦争』以来、13年ぶり。待ちわびたファンから熱狂的に迎えられたスピルバーグ監督は、サインや握手など温かなファンサービスでその思いに応えた。

1980年代を中心としたポップカルチャーがふんだんに散りばめられていることも話題で、劇中にはガンダムやキティちゃん、『AKIRA』の“金田バイク”も登場する。この日のステージにもキティちゃんが登壇し、スピルバーグ監督をお出迎え。キティちゃんと握手を交わしたスピルバーグ監督は「コンバンワ」と大きな笑顔で挨拶。「久しぶりに日本に来られた。『レディ・プレイヤー1』は私にとってとてもパーソナルな映画なので、ぜひとも自ら日本にやって来て紹介したいと思っていたんだ。日本のポップカルチャーがたくさん含まれているよ」と来日が叶った喜びを語った。

新宿東宝ビル前でのイベントとなり、頭上を見上げるとゴジラの姿も。「アニメに出会ってから、日本のポップカルチャーに魅了されている」というスピルバーグ監督だが、ゴジラを見上げながら「僕が黒澤明作品や三船敏郎作品に出会う前に、父親に連れられて観た初めての日本映画が実は『ゴジラ』なんだ」とニッコリ。「『ジュラシック・パーク』はそれを基につくったんだよ」と話し、会場を大いに盛り上げた。

またタイとオリビアにとっては、今回が初来日。森崎とともにレッドカーペットを闊歩した。劇中に有名なキャラクターがたくさん登場することにちなみ「何のキャラになってみたい?」と聞かれると、タイは「アイアン・ジャイアント」、オリビアは「チャッキー」、森崎は「ドラえもん」と回答するなど、楽しくトークを展開。日本のファンに弾けるような笑顔を見せていた。

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報