“2.5Dアンバサダー”就任の須賀健太がやりたい役は医者とヒーローとDJ!?

「2.5Dアンバサダー」に就任した須賀健太(右)と日本2.5次元ミュージカル協会の松田誠代表理事(左)
  • 「2.5Dアンバサダー」に就任した須賀健太(右)と日本2.5次元ミュージカル協会の松田誠代表理事(左)

4月18日、都内で行われた2018年度の「2.5Dアンバサダー」就任式に須賀健太が登場した。

“2.5D(ニーテンゴディー)”は、日本2.5次元ミュージカル協会が定めた“2.5次元ミュージカル”の愛称。アンバサダーに就任した須賀は、2.5次元ミュージカルの魅力を「(原作を)どうやって舞台上で表現するかというところを、ファンの皆さんに楽しんでもらえると思いますし、日常とかけ離れた部分というのが大きな2.5Dの魅力だと思うので、2.5Dを知らない方にも『こんな世界観があるんだ』とか、そこを伝えていきたいです」と語る。

就任式の最初には、「今やりたい役1位が医者」と話した須賀だったが、今後2.5次元化してほしい作品を聞かれると、「『僕のヒーローアカデミア』と『とんかつDJアゲ太郎』。できたら主役をやりたいです。(報道陣に)太字で書いてください!」とヒーローとDJでの主演も熱望。

また、同協会が定めた毎月25日の「2.5Dの日」には、動画配信サービス・GYAO!で、須賀がレギュラー出演する2.5D俳優や作品の魅力に迫る番組「What's 2.5D?」(4月25日[水]スタート)が無料配信される。

できたばかりだという予告編が公開されると、須賀は「おしゃれですね。『テラスハウス』みたい(笑)」と報道陣の笑いを誘い、「どういう反応をしていただけるのか楽しみですね」と期待を口にした。

そして、最後は「『2.5Dアンバサダー』2代目ということで、初代の加藤諒さんの思いを引き継ぎながら、さらに広く、多くの方に2.5Dの魅力を知っていただけるように、全身全霊、全力でまい進していきたいと思います」と意気込みを明らかにした。

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報