史上No.1ヒットを叩き出したコミカルなゾンビ映画って?

ゾンビが追いかけるシーンもコミカルに描かれる
  • ゾンビが追いかけるシーンもコミカルに描かれる

昨年10月に全米で公開され初登場1位を記録、世界各国でも好成績を上げ、またたく間にゾンビ映画史上最高のヒット作となった『ゾンビランド』(7月24日公開)が、いよいよ日本上陸! ゾンビ映画=ホラー、という図式を打ち破り、笑いあり、恋あり、青春ありのエンタメ映画の魅力を詰め込んだ爽快作となっている。

ゾンビ映画の定式に則り、人間を襲うゾンビだらけの世界が舞台となっている本作。しかしそこで描かれるのは、自ら作った“ゾンビの世界で生き残るための32のルール”を守り、慎重に生き長らえてきた気弱で腕力もない青年・コロンバスの成長物語だ。

屈強なワイルド男・タラハシーや詐欺師姉妹のウィチタとリトルロックに出会い、一緒に旅をすることになったコロンバス。この道中で彼は、初めて真正面から他人と向き合い、恋や友情を経験し、大人へと成長していく。そんな青春映画の魅力を放ちながら、もちろん、ゾンビたちとの迫力のバトルも展開。さらに、MTVの人気番組などを手がけていた新鋭監督ルーベン・フライシャーこだわりのナンセンスギャグや、映画ファンに目配せしたパロディなどが挟み込まれる。

観客を飽きさせることのない流れで、ゾンビ映画最大のヒット作となったことも納得させられる。3Dでの続編製作もすでに決定している本作、ゾンビ映画が苦手な人にこそ観て欲しい傑作だ。【トライワークス】

キーワード

[PR] おすすめ情報