櫻井翔&広瀬すず、目の前で竜巻発生に「何これすごい!」

「ラプラスの魔女」のイベントに登壇した櫻井翔、広瀬すず
  • 「ラプラスの魔女」のイベントに登壇した櫻井翔、広瀬すず

櫻井翔、広瀬すずが19日、東京・日本大学桜上水キャンパスで行われた映画「ラプラスの魔女」(5月4日公開)のイベントに出席した。

この日は、同校の地球科学科教授が劇中のテーマでもある「未来予測は可能か」を、櫻井、広瀬のほか、500人の学生の前で講義。

劇中で地球化学の大学教授役を務めた櫻井は、本物の教授から「こんなにかっこいい人が大学教授というのはありえないことです」と言われ「そんなことないですよ!」と恐縮。また、櫻井は「理数系は本当にダメだったので、尊敬します。(講義のシーンでは)なじみのない言葉を言うのは難しくて、自分が何を言っているのか、よくわからなかった」と役の難しさを明かした。

この日は、講義の一環として、装置を使って小さな竜巻を発生させる実験を行うことに。ドライアイスに湯をかけて煙を発生させ、上から掃除機で煙を吸うと、渦が発生し、櫻井は「うわ~すごい、何これ⁉」と興奮。「勉強になるな~」と感心しきりで、広瀬も「一瞬で竜巻ができて面白かったです」とコメント。

櫻井は最後に参加していた学生に向けて「僕は大学のときは、ほとんど友達と酒を飲んでいただけだったけど、その時の友達と今もつながっていたりする。勉強ももちろん大切だけど、一生の付き合いができる友達との時間を大切に育んで、大学生活を満喫したら、後で振り返ったときにいい時間と思えるのかな、とオジサンは思っています」とメッセージを送った。

映画「ラプラスの魔女」
5月4日(金)公開

キーワード

[PR] おすすめ情報