種崎敦美「顕微鏡」の例えに東山奈央「良い例え!」

舞台あいさつに登壇した東山奈央、種崎敦美、本田望結、山田尚子監督(写真左から)
  • 舞台あいさつに登壇した東山奈央、種崎敦美、本田望結、山田尚子監督(写真左から)

少女たちの青春を描いたアニメーション映画「リズと青い鳥」が4月21日に公開初日を迎え、種崎敦美、東山奈央、本田望結、山田尚子監督が都内で行われた舞台あいさつに登壇した。

同作品は、映画「聲の形」(2016年)で第40回日本アカデミー賞優秀アニメーション賞、東京アニメアワードフェスティバル2017アニメオブザイヤー作品賞劇場映画部門グランプリなどを受賞した京都アニメーション制作の最新作。

高校生の青春を描いた武田綾乃の小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」が原作で、吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれ(種崎)と、フルートを担当する傘木希美(東山)の二人の少女のはかなく美しい一瞬を切り取った青春ストーリーとなっている。

種崎は「みぞれと希美の瞬間瞬間の解像度を上げたことが分かると思いますが、顕微鏡を見ている時って、息をしないなというか、見ている時は息を潜めてしまう作品というのが伝わったかなと思います」と作品について語ったが、「顕微鏡なんて例えで大丈夫でしたか!?」と焦った様子を見せる一幕も。東山が「良い例えです!」と、山田監督も「最高です!」と応えた。

また、リズと少女を演じた本田が「他のキャストの皆さんの声が本当にすてきで、私のシーンで見てくださっている皆さんに、違和感を覚えさせてしまわないかと本当に不安で、お許しいただきたいのですが」と恐縮。

そんな本田に対し、種崎は「みぞれと希美が言葉を発しない、気持ちの裏側を演じていただいて、お芝居も声も真っすぐでストレートで素晴らしかったです!」と称賛。東山も「うちら(希美とみぞれ)は素直じゃないから、『そばにいて』とか『大好きよ』『私もよ』とか言えないから、言ってくれてありがたいです!」と絶賛した。

最後に、種崎が「見るたびに違う面が見えてきて、いろんな方向から見ることができる、たくさんの思いが詰まった作品」と、東山は「自分にとって特別な作品になるだろうと思って台本を開きました。『響け!ユーフォニアム』シリーズの一つとして以上に、1本の映画として自分が思っていた以上に特別な作品になりました」とアピール。

本田は「青春を描いた作品ですが、この作品が私の青春の一ページになりました」と作品への思いを語り、山田監督は「一見静かな映画かなと思われるのですが、本当は少女の機微がおしゃべりな作品です。映画館でしか聞こえないような音響設計でマニアックな作りになっています(笑)。これからも何回でも映画館で見てください」と呼び掛けた。

映画「リズと青い鳥」
公開中
配給=松竹
(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
公式サイト=http://liz-bluebird.com/



ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報