今年のオスカー受賞俳優、スカーレット・ヨハンソンと初共演!

スカーレット・ヨハンソンとアノ名優が初共演!
  • スカーレット・ヨハンソンとアノ名優が初共演!

『スリー・ビルボード』(17)でアカデミー賞助演男優賞を受賞したサム・ロックウェルが、新作『Jojo Rabbit(原題)』でスカーレット・ヨハンソンと共演する事が決まったと、米Deadlineが報じた。

FOXサーチライト・ピクチャーズの映画『Jojo Rabbit(原題)』は、第二次世界大戦中、ヒトラー青年団の少年兵になることを夢見る少年ジョジョが、自分の母親が家にユダヤ人の女の子をかくまっている事を発見する…というストーリー。

スカーレット・ヨハンソンは、密かに反ナチ運動に関わるジョジョの母親役を演じる。サム・ロックウェルは、ヒトラー青年団を率いるナチス軍の大尉を演じるそうだ。

監督と脚本は『マイティ・ソー バトルロイヤル』(17)のタイカ・ワイティティ。監督本人もジョジョが夢に見る幻想のヒトラー役で映画に出演する予定。主役のジョジョ役のキャスティングはまだ明かされていないが、撮影は今年の春中に開始される予定だ。

サムは、アダム・マッケイ監督が手がけるディック・チェイニーを題材にした映画『Backseat(原題)』の撮影を終えたばかりで、同作ではでジョージ・W・ブッシュを演じた。『スリー・ビルボード』で差別的かつ横暴な警官を熱演し讃えられた彼が、多様な新作映画でどんな側面を見せてくれるのか、とても楽しみだ。

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報